投資家資本主義の未来
ESG投資の行方

投資家資本主義の未来
  • 三和裕美子 著
  • 発行年:2024/5/16
  • ISBN:978-4-8051-1314-1
  • Cコード:C3033
  • ページ数:240
  • 判型:A5
  • 定価(税込): 3,080円

ESG投資の先進的な取り組み事例等を紹介しながら、社会変革を促す「責任ある投資家像」の未来を考察する。

Share |
数量

  • 書籍紹介

【目次】
第1章 株式会社の発展とコーポレートガバナンス論
第2章 現代の金融システムと金融主体
第3章 金融経済の肥大化と投資家主導の経済
第4章 ESG 投資とユニバーサルオーナー論
第5章 サステナブル・ファイナンスと機関投資家のエンゲージメント
第6章 国内外の機関投資家のエンゲージメント事例
第7章 機関投資家の非財務関連エンゲージメントと企業の価値創造
第8章 資本市場と取締役会のダイバーシティ&インクルージョン
第9章 株主アクティビストとBoard3.0
第10章 日本企業に対する株主アクティビズムの影響


【著者プロフィール】
三和裕美子(みわ・ゆみこ)
明治大学商学部教授
研究分野は機関投資家とESG、アクティビストの企業への影響、戦前期の株式市場の構造など。
主な著書として、『機関投資家の発展とコーポレート・ガバナンス』日本評論社(1999年)、『激動の資本市場を駆け抜けた女たち』白桃書房(2022年)などがある。
各種学会理事のほか、企業の社外取締役やアセットオーナーの資金運用委員なども務める。


★常備店:あなたの街の近くの本屋さん
 在庫のある可能性がある書店様です、お取寄せにも便利です。
 ⇒ 常備特約店一覧


★こちらからもご購入いただけます!

maruzen-junkudo kinokuniya rakuten 7net amazon

お友達にこの商品のURLを教えてあげよう。以下のフォームに記入して送信するボタンをクリックしてください。

送信元のお名前 *
送信元のEメール *
お友達のお名前 *
お友達のメールアドレス *
お友達へのメッセージ *