会社概要

代表取締役
千倉 成示
事業目的
専門書・一般書・絵本等の出版・販売
主要取引先
トーハン、日販、大阪屋・栗田 等
所在地
〒104-0031 東京都中央区京橋 2-4-12(京橋第一生命ビル 5F)
TEL:03-3273-3931
FAX:03-3273-7668
出版分野
経営、商業、会計、政治・外交、歴史、絵本、その他

沿革

1929年
4月3日、東京府京橋区京橋三丁目にて創業。
『商学全集』刊行始まる。
1935年
白柳秀湖『民族日本歴史』シリーズ(建国編・王朝編・封建編・戦国編・近世編)がベストセラーに。
1936年
『高橋是清自伝』がベストセラーに。
1960年
山東茂一郎『販売政策の基本問題』が第10回日本商業学会賞を受賞。
1961年
荒川祐吉『現代配給理論』が第11回日本商業学会賞を受賞。
1960年代
東京都中央区京橋二丁目に移転
1964年
荒川祐吉『小売商業構造論』が第14回日本商業学会賞を受賞。
1969年
風呂勉『マーケティング・チャネル行動論』が第19回日本商業学会賞を受賞。
1970年
斉藤昭雄『フランス会計理論――フランス純粋会計論の研究』が日本会計研究学会太田賞受賞。 竹林祐吉『ボランタリー・チェーンの研究』が第20回日本商業学会賞を受賞。
1972年
田村正紀『マーケティング行動体系論』が第22回日本商業学会賞を受賞。
1974年
野中郁次郎『組織と市場』が第17回日経・経済図書文化賞を受賞。
1982年
田村正紀『大型店問題――大型店紛争と中小小売商業近代化』が第32回日本商業学会賞(優秀賞)を受賞。
1983年
石原武政『マーケティング競争の構造』が第33回日本商業学会賞(優秀賞)を受賞。
1984年
石井淳蔵『流通におけるパワーと対立』が第34回日本商業学会賞(優秀賞)を受賞。
1986年
田村正紀『日本型流通システム』が第29回日経・経済図書文化賞、第36回日本商業学会賞(優秀賞)を受賞。
1989年
戸田博之『収支的簿記体系の研究――古典的カメラール簿記の発展史的考察』が第5回日本会計史学会賞を受賞。
1991年
桜井久勝『会計利益情報の有用性』が第34回日経・経済図書文化賞、日本会計研究学会太田・黒澤賞を受賞。
1995年
高嶋克義『マーケティングチャネル組織論』が第15回日本商業学会賞(優秀賞)を受賞。
2000年
山本昭二『サービスクオリティ』が第50回日本商業学会賞(優秀賞)を受賞。
2002年
宮下國生『日本物流業のグローバル競争』が第45回日経・経済図書文化賞を受賞。
上林憲雄『異文化の情報技術システム――技術の組織的利用パターンに関する日英比較』が第1回日本労務学会賞(学術賞)を受賞。
2004年
黄リン『新興市場戦略論――グローバル・ネットワークとマーケティング・イノベーション』が第54回日本商業学会賞(優秀賞)を受賞。
2006年
絵本シリーズの刊行を始める。
2009年
千倉書房創立八十周年記念祝賀会
五百旗頭眞『歴史としての現代日本』が第7回毎日書評賞を受賞。
2011年
小林道彦・中西寛『歴史の桎梏を超えて――20世紀日中関係への新視点』が第27回大平正芳記念賞特別賞を受賞。
福島安紀子『人間の安全保障――グローバル化する多様な脅威と政策フレームワーク』が第9回日本NPO学会賞(優秀賞)を受賞。
森田雅也『チーム作業法式の展開』が第10回日本労務学会賞(学術賞)を受賞。
2012年
待鳥聡史『首相政治の制度分析――現代日本政治の権力基盤形成』が第34回サントリー学芸賞(政治・経済部門)を受賞。
2014年
阿部周造『消費者行動研究と方法』が第64回日本商業学会賞(優秀賞)を受賞。
2015年
樺山紘一『歴史の歴史』が第69回毎日出版文化賞(人文・社会部門)を受賞。
結城祥『マーケティング・チャネル管理と組織成果』が第65回日本商業学会賞(奨励賞)を受賞。
平野龍二『日清・日露戦争における政策と戦略――「海洋限定戦争」と陸海軍の協同』が第1回日本防衛学会猪木正道賞奨励賞を受賞。
2016年
白鳥潤一郎『「経済大国」日本の外交――エネルギー資源外交の形成1967~1974年』が第38回サントリー学芸賞(政治・経済部門)を受賞。
2018年
砂原庸介『分裂と統合の日本政治』が第17回大佛次郎論壇賞受賞。

千倉書房の歴史

昭和11年2月26日付読売新聞の広告より
―――いちばん上の段は縦書きだ。「高橋是清自傳」――「自傳」は「自伝」だろう。「活ける明治史」という推薦文が付けてある。ところが、この立派そうな本といっしょに、「男女生活の設計」という、思わず笑い出したくなるようなタイトルの本の広告も載せられているのだ。どうやら版元が同じであるらしい。千倉書房という出版社だ。―――
(宮部みゆき『蒲生邸事件』より)

ベストセラーとなった宮部みゆきの代表作『蒲生邸事件』の主人公・尾崎孝史は、昭和11年にタイムスリップし、手渡された新聞で小社の広告を目にします。2月26日、まさに二・二六事件で高橋是清が暗殺されたその日です。『高橋是清自伝』が発行されたのは2月9日。発売から1カ月も経たないうちに昭和を震撼させた一大事件が起こり、同書は爆発的な売れ行きを記録しました。

美濃部達吉。
小社より『行政裁判法』刊行
千倉書房は、創業者千倉豊により昭和4年に呱々の声をあげました。前年の昭和3年に張作霖爆発事件が勃発するなど大陸情勢は緊迫の度を増し、長引く経済の低迷で世上には淀んだ空気が漂い、昭和4年10月にはニューヨークの株価大暴落をきっかけに世界大恐慌が吹き荒れる。そうした不穏な時代状況下での船出でした。
創業第一弾の刊行ラインナップは美濃部達吉『行政裁判法』と高田保馬『価格と独占』の2冊。「天皇機関説」で知られる美濃部と日本における理論社会学の祖である高田の二人はともに当時の第一級の知識人であり、そうしたビッグネームが新興の出版社で書き下ろすのは異例のことでした。
また、浜口雄幸内閣で大蔵大臣を務めていた井上準之助の『国民経済の立直しと金解禁』は、金解禁が経済政策における最大の論争点となっていたため、長引く経済の低迷に倦んでいた世論に受け入れられ、37万部を売り上げるベストセラーとなりました。しかし井上の意に反して国内経済は極度のデフレーションに陥り、翌年誕生した犬養政権で蔵相に就任した高橋是清は再び金輸出禁止へと舵を切り直します。高橋是清と井上準之助は昭和初期の日本経済を動かした最重要人物とも言える二人であり、井上もまた、昭和7年の血盟団事件で非業の死を遂げています。
『高橋是清自伝』と二・二六事件、井上の『国民経済の立直しと金解禁』が象徴するように、激動の昭和史とともに歩み始め、その基礎を築いてきたのが千倉書房なのです。

井上準之助
『国民経済の立直しと金解禁』
昭和4年9月刊
同時に、商業大学開放の旗幟のもとに、商業全集41巻、経営学大系30巻、工業経営全書20巻、会計学大系36巻、商業経済学大系38巻、日本経済政策大系12巻、千倉常識講座32巻など画期的な企画を続々と実行に移し、学問の普及・興隆と新しい出版領域の開拓・確立とに、文字どおり先駆的役割を果たして来ました。

爾来、今日まで時流におもねることなく、また華美に流れることなく、「最後の一冊まで売れる良書を」、「損をしても悔いのない出版を」という創業時の信条を堅持し、独自の伝統と実績とを現代に活かし、学問の定本として永遠に生命を保ちうる良書を厳選するとともに、それらをできるだけ低廉な価格をもって世に送ることにより、出版人としての正道を歩み続けています。

アクセス

東京メトロ銀座線「京橋駅」5番出口徒歩1分