AIと人間のジレンマ
ヒトと社会を考えるAI時代の技術論

AIと人間のジレンマ
  • 中尾悠里 著
  • 発行年:2022/8/3
  • ISBN:978-4-8051-1264-9
  • Cコード:C3040
  • ページ数:168
  • 判型:A5
  • 定価(税込): 3,080円

人間は新しいテクノロジーと、どう向き合い、どう関わるべきなのか? 技術哲学、科学技術社会論を援用しながら、AIなどの技術に含まれる権力の危険性を乗り越える術を探る。

Share |
数量

  • 書籍紹介

【目次】
序 章 技術が先か人間が先か
第1章 テクノロジーと人間の関係
第2章 人工知能の思想
第3章 身の回りにあふれる人工知能とその問題
第4章 人と社会とインタラクションするAI技術に向けて
第5章 人間とAI技術のあるべき関係性
第6章 人間を自律に導くAI技術と技術哲学の実現
終 章 AIと人間のジレンマ



【著者プロフィール】
中尾 悠里(なかお・ゆうり)
富士通株式会社富士通研究所AI倫理研究センター研究員、東京大学大学院総合文化研究科博士課程、青山学院大学大学院非常勤講師。
1989年生まれ。専門は科学技術社会論。人間との相互作用で人工物が持つ権力に注目し、AIと人のインタラクション、AIの持つべき公平性、人の価値を反映するAIシステム開発手法をヒューマン・コンピュータ・インタラクション(HCI)と責任ある研究・イノベーション(RRI)の観点から研究。2021年からJST ACT-X 「AI 活用で挑む学問の革新と創成」領域「AIと人の相互作用による技術哲学の創出」研究代表。一般社団法人STEAM Association パートナー。


★常備店:あなたの街の近くの本屋さん
 在庫のある可能性がある書店様です、お取寄せにも便利です。
 ⇒ 常備特約店一覧


★こちらからもご購入いただけます!

maruzen-junkudo kinokuniya rakuten 7net amazon



お友達にこの商品のURLを教えてあげよう。以下のフォームに記入して送信するボタンをクリックしてください。

送信元のお名前 *
送信元のEメール *
お友達のお名前 *
お友達のメールアドレス *
お友達へのメッセージ *