お知らせ : 新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の影響により窓口業務を月・火・木の午前10時〜午後2時までに縮小させていただいております。
ご不便をおかけして誠に申し訳ございませんが、ご理解のほどよろしくお願い申し上げます。

宇宙と安全保障
軍事利用の潮流とガバナンスの模索

宇宙と安全保障
  • 福島康仁 著
  • 発行年:2020/4/18
  • ISBN:978-4-8051-1204-5
  • Cコード:C3031
  • ページ数:280
  • 判型:A5
  • 定価(税込): 3,850円

宇宙はいかに軍事利用されてきたのか。安定的な宇宙利用を維持するために、どのようなガバナンスのあり方が模索されてきたのか。そして未来はどうなるのか。宇宙と安全保障の関係を考察し、日本の宇宙政策への示唆を得る。

Share |
数量

  • 書籍紹介

【目次】
序 章
第I部 安全保障のための宇宙──軍事利用の潮流
 第1章 スペース・パワー論──宇宙には如何なる軍事的価値があるのか
 第2章 聖域学派の時代──第1の波 戦略レベル中心の宇宙利用
 第3章 情報学派の時代──第2の波 作戦・戦術レベルでの宇宙利用の本格化
 第4章 抗たん性・コントロール学派の時代──第3の波 宇宙利用をめぐる戦いの活発化
第Ⅱ部 宇宙のための安全保障──模索されるガバナンスのあり方
 第5章 圧倒的なパワーによる秩序──米国主導の安全保障分野における宇宙協力
 第6章 国際制度による秩序──軍事宇宙利用をめぐるルール形成
 第7章 多様な主体と方法による秩序──SSAをめぐる協働と間接アプローチとしてのSTM
終章
あとがき


【著者プロフィール】
福島康仁(ふくしま・やすひと)
防衛省防衛研究所主任研究官。博士(政策・メディア)
慶應義塾大学総合政策学部卒業、同大学院政策・メディア研究科後期博士課程単位取得退学。2019年より現職。


★常備店:あなたの街の近くの本屋さん
 在庫のある可能性がある書店様です、お取寄せにも便利です。
 ⇒ 常備特約店一覧


★こちらからもご購入いただけます!

maruzen-junkudo kinokuniya rakuten 7net amazon



お友達にこの商品のURLを教えてあげよう。以下のフォームに記入して送信するボタンをクリックしてください。

送信元のお名前 *
送信元のEメール *
お友達のお名前 *
お友達のメールアドレス *
お友達へのメッセージ *