お知らせ : 新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の影響により窓口業務を月・火・木の午前10時〜午後2時までに縮小させていただいております。
ご不便をおかけして誠に申し訳ございませんが、ご理解のほどよろしくお願い申し上げます。

経営倫理が経営学の未来を変える
倫理から戦略、そして価値創造へ

経営倫理が経営学の未来を変える
  • 劉慶紅 著
  • 発行年:2020/4/15
  • ISBN:978-4-8051-1192-5
  • Cコード:C3034
  • ページ数:176
  • 判型:A5
  • 定価(税込): 2,640円

倫理的な経営が必要とされた背景と、企業を取り巻く環境が大きく変化し、それを踏まえてCSRが導入され、戦略的CSRからCSVという概念へと発展した経緯を考察する。

Share |
数量

  • 書籍紹介

【目次】
第1章 経営倫理に関する議論の歴史
第2章 日本における経営倫理の変遷および現状
第3章 経営倫理の理論的分析
第4章 企業の内外的倫理問題
第5章 コーポレート・ガバナンスと内部統制
第6章 企業理念と企業文化の構築
第7章 経営倫理と企業の社会的責任(CSR)
第8章 CSRから戦略的CSR、そしてCSVへ
第9章 BOPビジネスによる新たな価値創造の展望
第10章 非市場戦略に基づいた価値創造―中国市場における日系企業の実践


【著者プロフィール】
劉慶紅(りゅうけいこう)
立命館大学経営学部准教授
米国コロンビア大学(Columbia University)修士を取得後、早稲田大学政治経済学術院博士後期課程卒業(公共経営研究科後期課程卒および経済学研究科後期課程卒)、博士(公共経営)取得。日本経営倫理学会理事。専攻分野は経済倫理、公共経営。主な著書として『Creating Public Value』(早稲田大学出版部)など。


★常備店:あなたの街の近くの本屋さん
 在庫のある可能性がある書店様です、お取寄せにも便利です。
 ⇒ 常備特約店一覧


★こちらからもご購入いただけます!

maruzen-junkudo kinokuniya rakuten 7net amazon



お友達にこの商品のURLを教えてあげよう。以下のフォームに記入して送信するボタンをクリックしてください。

送信元のお名前 *
送信元のEメール *
お友達のお名前 *
お友達のメールアドレス *
お友達へのメッセージ *