消費者意思決定の構造
解釈レベル理論による変容性の解明

消費者意思決定の構造
  • 外川拓 著
  • 発行年:2019/8/30
  • ISBN:978-4-8051-1177-2
  • Cコード:C3063
  • ページ数:288
  • 判型:A5
  • 定価(税込): 4,320円

購買時における意思決定の変容に関する研究。解釈レベル理論を援用しながら、消費者購買時の移り気を実証的に考察。

Share |
数量

  • 書籍紹介

【目次】
序 章 本書の研究視点と方法論
第1章 消費者購買意思決定における変容性
第2章 解釈レベル理論の全体像
第3章 先行研究の整理と体系化
第4章 購買までの時間的距離と視覚探索行動
第5章 情報探索量が満足度に及ぼす影響
第6章 消費に対する心理的距離と画像の効果
第7章 社会的距離の文化差と画像の効果
第8章 触覚情報と心理的距離の相互作用
終 章 結論と今後の課題


【著者プロフィール】
外川 拓(とがわ・たく)
千葉商科大学商経学部准教授、博士(商学)
1985年生まれ。東海大学政治経済学部卒業,早稲田大学大学院商学研究科修士課程修了。同研究科博士後期課程単位取得。早稲田大学助手,千葉商科大学専任講師を経て2016年より現職。2016年,オハイオ州立大学客員研究員。 主な著作に“When Does Perceived Hardness Affect Consumers’Judgments: A Conceptual Replication of Krishna and Morrin(2008),”Journal of Marketing Behavior(2018 年,共著),「パッケージへの画像掲載が製品評価に及ぼす効果―解釈レベル理論にもとづく検討―」『流通研究』(2016 年,共著)など。


★常備店:あなたの街の近くの本屋さん
 在庫のある可能性がある書店様です、お取寄せにも便利です。
 ⇒ 常備特約店一覧


★こちらからもご購入いただけます!

maruzen-junkudo kinokuniya rakuten 7net amazon



お友達にこの商品のURLを教えてあげよう。以下のフォームに記入して送信するボタンをクリックしてください。

送信元のお名前 *
送信元のEメール *
お友達のお名前 *
お友達のメールアドレス *
お友達へのメッセージ *