消費者と社会的課題
ソーシャル・コンシューマーとしての社会的責任

消費者と社会的課題
  • 大平修司 著
  • 発行年:2019/2/28
  • ISBN:978-4-8051-1160-4
  • Cコード:C3063
  • ページ数:356
  • 判型:A5
  • 定価(税込): 5,184円

消費を通じた社会的課題の解決という点から、消費者の社会的責任を検討する。

Share |
数量

  • 書籍紹介

【目次】
はしがき
序章 日本の消費者に求められる社会的責任
第Ⅰ部 ソーシャル・コンシューマーに関する理論的考察
 第1章 消費を通じた社会的課題の解決を分析する枠組みと問い,研究方法
 第2章 ソーシャル・コンシューマーの特徴と階層
 第3章 ソーシャル・コンシューマーの意思決定要因
 第4章 消費を通じて社会的課題の解決を行なう意味
第Ⅱ部 ソーシャル・コンシューマーに関する定量的研究
 第5章 誰がソーシャル・コンシューマーなのか?
 第6章どのようにソーシャル・プロダクトを購入するのか?
第Ⅲ部 ソーシャル・コンシューマーに関する定性的研究
 第7章 なぜ消費を通じて社会的課題の解決をするのか?
 第8章 なぜ消費を通じて社会的課題を解決するのか?
 第9章 どのようにソーシャル・プロダクトを購入し,なぜ消費を通じて社会的課題を解決するのか?
終章 消費者の社会的責任の理解
あとがき


【著者プロフィール】
大平修司(おおひら・しゅうじ)
千葉商科大学商経学部教授、博士(商学)
群馬県生まれ。明治学院大学経済学部卒業(1998年)。同大学大学院経済学研究科博士前期課程終了(2000年)。一橋大学大学院商学研究科博士後期課程終了(2007年)。博士(商学)。諏訪東京理科大学経営情報学部助手・助教,千葉商科大学商経学部専任講師・准教授を経て,2018年より現職。この間2017年8月~2018年3月輔仁大学(Fu Jen Catholic University)社會科學院訪問研究員・特別講師(台灣)。


★常備店:あなたの街の近くの本屋さん
 在庫のある可能性がある書店様です、お取寄せにも便利です。
 ⇒ 常備特約店一覧


★こちらからもご購入いただけます!

maruzen-junkudo kinokuniya rakuten 7net amazon



お友達にこの商品のURLを教えてあげよう。以下のフォームに記入して送信するボタンをクリックしてください。

送信元のお名前 *
送信元のEメール *
お友達のお名前 *
お友達のメールアドレス *
お友達へのメッセージ *