フランス会計の展開
複式簿記の生成から現代

フランス会計の展開
  • 仁木久惠 著
  • 発行年:2018/4/7
  • ISBN:978-4-8051-1133-8
  • Cコード:C3034
  • ページ数:377
  • 判型:A5
  • 定価(税込): 4,752円

複式簿記は、誰かによって考案されたものではなく、経済活動の中で一歩ずつ進化した歴史がある。会計学がどう現在社会に影響を与えたかをルカ・パチョリーニから探る。

Share |
数量

  • 書籍紹介

【目次】
第1部 歴史にみるフランス会計の特徴
第1章 フランス会計制度の展開
第2章 プラン・コンタブル・ジェネラル(PCG)の制定と変遷
第2部 今日のフランス会計
第3章 資産の定義と分析
第4章 無形固定資産の会計基準上の発展
第5章 研究開発費の特性と会計規定
第6章 研究開発費の先行実態調査
終章
参考文献・資料


【著者プロフィール】
仁木久惠(にき・ひさえ)
1981年 慶應義塾大学文学部文学科フランス文学専攻卒業
1983年 Université de Paris III(Sorbonne Nouvelle)
1992年 成城大学大学院法学研究科修士課程、法学修士
1994年 ENOES(在パリ会計専門学校)
1997年 パリにてコンサルティング会社設立(T.O.P. Consulting SARL)
2007年 中央大学専門職大学院国際会計研究科、国際会計修士
2013年 愛知工業大学大学院経営情報科学研究科博士後期課程、博士(経営情報科学)



★常備店:あなたの街の近くの本屋さん
 在庫のある可能性がある書店様です、お取寄せにも便利です。
 ⇒ 常備特約店一覧


★こちらからもご購入いただけます!

maruzen-junkudokinokuniyarakuten7netamazon



お友達にこの商品のURLを教えてあげよう。以下のフォームに記入して送信するボタンをクリックしてください。

送信元のお名前 *
送信元のEメール *
お友達のお名前 *
お友達のメールアドレス *
お友達へのメッセージ *