冷戦の終焉と日本外交
鈴木・中曽根・竹下政権の外政 1980~1989年

冷戦の終焉と日本外交
  • 若月 秀和 著
  • 発行年:2017/12/01
  • ISBN:978-4-8051-1113-0
  • Cコード:C1331
  • ページ数:736
  • 判型:A5
  • 定価(税込): 7,560円

経済摩擦、歴史認識問題、そして冷戦の終焉。1980年代日本外交の達成と蹉跌からいま我々が何を学ぶのか。

Share |
数量

  • 書籍紹介

【目次】
序章 戦後日本外交における一九八〇年代

第Ⅰ部 「西側の一員」路線への試行錯誤-一九八〇~八二年<鈴木善幸政権期>
 第1章 主体的外交への努力とその限界
 第2章 新冷戦下の対中ソ外交と対米・対韓関係の調整

第Ⅱ部 「西側の一員」外交の展開-一九八三~八四年<中曾根康弘政権・前期>
 第3章 自由主義陣営諸国との連携強化
 第4章 日中・日韓関係の進展とソ連との関係調整

第Ⅲ部 新冷戦から新デタントへの移行と中曽根外交-一九八五~八七年<中曾根康弘政権・後期>
 第5章 三つの課題を求めて―日米摩擦・対ソ関係・戦後政治の総決算
 第6章 中曽根外交のかげり―短すぎた続投期間

第Ⅳ部 冷戦の終焉と新たな日本外交の模索-一九八八~八九年<竹下登政権期>
 第7章 内政指向型政治家による外交
 第8章 冷戦終結過程の国際環境と流動化する日本政治

終章


【著者プロフィール】
若月秀和(わかつき・ひでかず)
北海学園大学法学部教授、博士(政治学)
1970年生まれ。同志社大学法学部卒業後、立教大学法学研究科博士課程修了。立教大学法学部助手、北海学園大学専任講師、同准教授を経て現職。主著に『「全方位外交」の時代』(日本経済評論社)、『大国日本の政治指導 1972~80年』(吉川弘文館)。共編著に『中曽根康弘が語る「戦後日本外交史」』(新潮社)などがある。


★常備店:あなたの街の近くの本屋さん
 在庫のある可能性がある書店様です、お取寄せにも便利です。
 ⇒ 常備特約店一覧


★こちらからもご購入いただけます!
maruzen-junkudokinokuniyarakuten7netamazon



お友達にこの商品のURLを教えてあげよう。以下のフォームに記入して送信するボタンをクリックしてください。

送信元のお名前 *
送信元のEメール *
お友達のお名前 *
お友達のメールアドレス *
お友達へのメッセージ *