地域金融システムの危機と中小企業金融
信用保証制度の役割と信用金庫のガバナンス

地域金融システムの危機と中小企業金融
  • 家森信善 著
  • 発行年:2004/03/01
  • ISBN:978-4-8051-0832-1
  • Cコード:C3033
  • ページ数:170
  • 判型:A5
  • 定価(税込): 2,592円

 本書は、再編必至の厳しい環境下で、リレーションシップバンキング機能の強化を迫られる地域銀行や協同組織金融機関。安定で効率的な地域金融システムを構築するための鍵となる信用保証制度と、地域金融機関のディスクロージャーやガバナンス問題を実証的に分析。金融論研究者はもちろん、金融実務家にも多くの示唆を与える意欲作。

Share |
数量

  • 書籍紹介

【目次】
はしがき
序章
第1章 地域金融システムにおける中小企業金融
第2章 金融システムの動揺と再構築
第3章 中小企業金融機関の経営不振と中小企業金融
第5章 金融システム危機下での信用保証制度の重要性
第6章 信用保証制度の果たしてきた役割と今後の課題
第7章 信用金庫・信用組合におけるガバナンスと総代制度の課題
第8章 信用金庫における天下りと経営・費用構造
第9章 天下り役員とコーポレート・ガバナンス:信用金庫の支出選好行動
第10章 信用金庫の不良債権ディスクロージャー
第11章 地域金融における収益追求と地域金融機関の公共性
第12章 地域金融再編の方向性
参考文献

お友達にこの商品のURLを教えてあげよう。以下のフォームに記入して送信するボタンをクリックしてください。

送信元のお名前 *
送信元のEメール *
お友達のお名前 *
お友達のメールアドレス *
お友達へのメッセージ *