保険制度の新潮流
 

保険制度の新潮流
  • 田村祐一郎・高尾厚・岡田太志 編著
  • 発行年:2008/03/21
  • ISBN:978-4-8051-0900-7
  • Cコード:C3033
  • ページ数:312
  • 判型:A5
  • 定価(税込): 3,520円

 わが国の保険市場は、2001年までに完了すべく1996年11月に提唱された「金融システム改革」の一環として、自由化の歩を進め始めた。本書は、21世紀を迎えて、保険制度にも大きな変化が招来しているとの認識の下、多種多様な現象をまとめ、新潮流を析出し、現段階で可能な評価を下すべく簡潔に論じたものである。

Share |
数量

  • 書籍紹介

【目次】
まえがき-田村祐一郎
序論 水島保険学の体系と本書の概要-高尾厚
第1章 リスクと保険文化-酒井泰弘
第2章 保険の仕組み-吉澤卓哉
第3章 保険と金融観念-藤田楯彦
第4章 生命保険の新潮流-久保英也
第5章 生命保険需要の変化-林晋
第6章 損害保険業の新潮流-安井敏晃
第7章 損害保険業と企業価値-山崎尚志
第8章 共済問題と保険政策-田村祐一郎
第9章 金融ビッグバンと保険経営-佐藤保久
第10章 保険会社とコーポレートガバナンス-岡田太志
第11章 保険会社とコンプライアンス-中林真理子
第12章 少子高齢化と保険・年金-佐々木一郎
第13章 保険とリスク認知-田中隆
第14章 保険法と諸問題-岡田豊基
第15章 保険契約と金融商品取引をめぐる問題-今井薫
索引
水島一也博士略歴・著作目録
編集後記-岡田太志
執筆者紹介

お友達にこの商品のURLを教えてあげよう。以下のフォームに記入して送信するボタンをクリックしてください。

送信元のお名前 *
送信元のEメール *
お友達のお名前 *
お友達のメールアドレス *
お友達へのメッセージ *