資本主義と近代生命保険業
 

資本主義と近代生命保険業
  • 佐藤保久 著
  • 発行年:2003/05/20
  • ISBN:978-4-8051-0824-6
  • Cコード:C3033
  • ページ数:226
  • 判型:A5
  • 定価(税込): 2,860円

 自由化の進展、異業種・外資の参入、デフレ経済・超低金利の持続と環境激変の生保経営。保険大国日本を支えてきた生保経営の原点を戦前期生保経営の分析を通して解明することにより、わが国近代生命保険業の発展過程にみる日本的特殊性、さらには現代生保経営の課題を指摘。研究者はもとより関連業界を含む実務家必読の書。

Share |
数量

  • 書籍紹介

【目次】
はしがき
序章 分析の視点
第1章 創業期
第2章 確立前期
第3章 確立後期
第4章 資本主義と近代生命保険業
終章 歴史に学ぶ現代生保経営の課題
あとがき

お友達にこの商品のURLを教えてあげよう。以下のフォームに記入して送信するボタンをクリックしてください。

送信元のお名前 *
送信元のEメール *
お友達のお名前 *
お友達のメールアドレス *
お友達へのメッセージ *