資産市場と実体経済
日本経済の計量分析

資産市場と実体経済
  • 森澤龍也 著
  • 発行年:2008/01/20
  • ISBN:978-4-8051-0896-3
  • Cコード:C3033
  • ページ数:230
  • 判型:A5
  • 定価(税込): 3,080円

 日本における資産市場と実体経済の関係を計量分析し、1990年代において日本経済が長期停滞した背景、デフレと不良債権の関係について考察する。生産側情報や土地資産を組み入れた「消費に基づく資産価格モデル(C-CAPM)」や、過剰債務・貸出市場を考慮した「Structural VARモデル」を展開し、日本のデータで計量分析しているところが本書の特徴である。

Share |
数量

  • 書籍紹介

【目次】
はしがき
 序章 本書のねらいと構成
第Ⅰ部 消費者行動と資産価格変動
 第1章 消費に基づく資産価格モデル(C-CAPM):理論分析
 第2章 消費に基づく資産価格モデル(C-CAPM):計量分析
 第2章補論(1)一般化モーメント[積率]法(GMM)
 第2章補論(2)Hansen-Jagannathanの変動範囲
第Ⅱ部 生産活動と資産価格変動
 第3章 生産活動および実物資産の存在を考慮した資産価格モデル
 第3章付録 資本・土地の限界生産性データの作成方法
 第4章 土地資産を考慮したC-CAPMの推計
第Ⅲ部 資産市場とマクロ経済
 第5章 金融政策と設備投資:金融契約理論による理論的考察
 第6章 過剰債務とマクロ経済:Structural VARモデルによる検証
 第6章補論 Structural VARモデル
 第7章 貸出市場を考慮したマクロ計量経済分析
 終章 日本経済の構造変化と資産市場
参考文献
索引

お友達にこの商品のURLを教えてあげよう。以下のフォームに記入して送信するボタンをクリックしてください。

送信元のお名前 *
送信元のEメール *
お友達のお名前 *
お友達のメールアドレス *
お友達へのメッセージ *