歴史の桎梏を越えて
20世紀日中関係への新視点

歴史の桎梏を越えて
  • 小林道彦・中西寛 編著
  • 発行年:2010/09/23
  • ISBN:978-4-8051-0959-5
  • Cコード:C1020
  • ページ数:320
  • 判型:A5
  • 定価(税込): 6,050円

 歴史を学ぶことが、一国の歴史叙述の枠に閉ざされたモノであってはならない。二一世紀という新たな視座から二〇世紀の日中関係を振り返る。

Share |
数量

  • 書籍紹介

【目次】
序論―小林道彦・中西寛
第Ⅰ部 分岐する運命―帝国日本と革命中国
 第1章 伊藤博文の中国観
      ―立憲政友会創設期を中心に―瀧井一博
  1 国制としての立憲政友会
  2 立憲政友会への旅―明治三二年の憲法行脚
  3 もうひとつの旅―明治三一年の清国訪問
  4 戊戌政変の体験―政治的中国との距離
  5 張之洞との会見―経済的中国との出会い
  6 通商国家戦略としての政友会創設―市場としての中国
 第2章 辛亥革命と日本の反応
      ―近代日本と「崛起する中国」―清水唯一朗
  1 本稿の視座
  2 革命の勃発と日本の反応
  3 講和交渉の進展と中華民国の成立
  4 清朝の滅亡と日中関係の彷徨
  5 近代日本と「崛起する中国」
 第3章 加藤高明と二十一ヵ条要求
      ―第五号をめぐって―奈良岡聰智
  1 日本外交の転機としての二十一ヵ条要求
  2 第五号はいかにして提出されたのか
  3 第五号の作成過程
  4 第五号の秘匿
  5 第五号はいかなる波紋を及ぼしたのか
  6 海外メディアの反応
  7 イギリスの反応
  8 暗礁に乗り上げた交渉
  9 二十一ヵ条要求への新視点
 第4章 第一次世界大戦後の中国をめぐる日米英関係
      ―大国間協調の変容―中谷直司
  1 大戦の終結と日中関係の決裂
  2 日米関係の変化―パリ講和会議
  3 日英関係の変化―新四国借款団の結成交渉
  4 「ワシントン体制」の成立と中国をめぐる国際政治の変容
 第5章 王正延の外交思想―高文勝
  1 王正延の文明観
  2 王正延の国際認識
  3 王正延の外交観
  4 王正延の不平等条約撤廃
  5 王正延の対日構想
 第6章 危機の連鎖と日本の対応
      ―朝鮮・満州・「北支」・上海一九一九~一九三二―小林道彦
  1 ワシントン体制と朝鮮要因
  2 朝鮮統治の動揺と張作霖の中原進出
  3 政友会積極外交の迷走
  4 経済外交と朝鮮自治論
  5 危機の連鎖―朝鮮・満州・「北支」
  6 朝鮮独立運動と第一次上海事変
  7 新たな危機と体制の立て直し
第Ⅱ部 冷戦下の変容―帝国の解体から国交正常化へ
 第7章 トルーマン政権の極東政策―長尾龍一
  1 トルーマンの登場
  2 ポスダム宣言
  3 マッカーサー
  4 国共内戦と米国
  5 トルーマン政権と中国―アチソン外交
  6 マッカーシズム
  7 結語
 第8章 ポーレー・ミッション
      ―賠償問題と帝国の地域的再編―浅野豊美
  1 米国による賠償政策の起源
  2 賠償と日本人引揚命令―極東委員会成立をめぐって
  3 帝国の分割と在外財産活用による地域形成―米国による帝国再編構想
  4 終わりに―帝国の地域的再編の手段としての賠償
 第9章 戦後日本における華僑社会の再建と構造変化
      ―台湾人の台頭と錯綜する東アジアの政治的帰属意識―陳來幸
  1 東アジアの冷戦と華僑社会
  2 戦後における在日華僑社会の再建
  3 華僑民主促進の成立と朝鮮戦争による情勢の変化
 第10章 日中国交正常化交渉における台湾問題一九七一~七二年―井上正也
  1 台湾問題をめぐる日中関係
  2 佐藤政権の対中接近の模索と挫析
  3 田中角栄訪中への道
  4 日中国交正常化交渉と台湾問題
  5 台湾問題をめぐる暫定協定
第Ⅲ部 歴史像の転換―二一世紀日中関係の礎
 第11章 体制変革期における日本と中国一九二七~一九六〇年―中西寛
  1 体制変革という視点
  2 一九二七、八年の日中関係
  3 日本の降伏と象徴天皇制の選択
  4 安保改定をめぐる騒乱と体制競争の決着
  5 「革命と戦争の世紀」としての二〇世紀東アジア
 第12章 歴史は鑑か鏡か?
       ―国際比較の中の日中歴史教科書―等松春夫
  1 分断された記憶
  2 南京虐殺事件―事例研究1
  3 真珠湾攻撃―事例研究2
  4 戦時下の強制労働(「従軍慰安婦」問題を含む)―事例研究3
  5 満洲事変―事例研究4
  6 東京裁判(および靖國神社)―事例研究5
  7 教科書の叙述の背後にあるもの
 第13章 「中国の台頭」と国際秩序―浅野亮
  1 「中国の台頭」への分析視座
  2 アジア秩序の変容と中国の役割
  3 秩序形成の行方
 結論―小林道彦・中西寛
 あとがき
 主要人名索引


★常備店:あなたの街の近くの本屋さん
 在庫のある可能性がある書店様です、お取寄せにも便利です。
 ⇒ 常備特約店一覧


★こちらからもご購入いただけます!
maruzen-junkudokinokuniyaamazonrakuten7net



お友達にこの商品のURLを教えてあげよう。以下のフォームに記入して送信するボタンをクリックしてください。

送信元のお名前 *
送信元のEメール *
お友達のお名前 *
お友達のメールアドレス *
お友達へのメッセージ *