松岡外交
日米開戦をめぐる国内要因と国際関係

松岡外交
  • 服部聡 著
  • 発行年:2012/12/25
  • ISBN:978-4-8051-1007-2
  • Cコード:C3031
  • ページ数:448
  • 判型:A5
  • 定価(税込): 6,270円

 松岡洋右は熾烈な外交戦に如何に挑んだのか、新資料によって再構成される外交像。

Share |
数量

  • 書籍紹介

【目次】
序論
 「日独伊ソ四国協商構想」とその問題/三輪宗弘の異論
 松岡外交像の再検討

第1章 東亜新秩序と「自主外交」の挫折
 1 日中戦争と東亜新秩序
    東亜新秩序の矛盾
    行き詰まる日本経済
 2 日中戦争終結に向けた努力とその挫折
    汪兆銘工作と防共協定強化交渉
    有田・クレギー協定と日米通商航海条約の廃棄通告
    独ソ不可侵条約の成立とノモンハン事件
 3 外務省革新派と日独伊ソ提携論
    外務省革新派の形成と白鳥敏夫
    白鳥の日独伊ソ提携論
 4 阿部信行内閣と「自主外交」路線
    阿部内閣の成立と外交政策の再定義
    企画院による物的・経済的判断
 5 「自主外交」の展開
    対ソ関係の修復
    日中戦争の自力解決
    対米関係改善への取り組み
    危機管理としての対南方外交
 6 米内光政内閣と「自主外交」路線の継承
    米内内閣の成立
    日中戦争の自力終結
    南方地域と経済関係強化
    欧州戦争の再燃と蘭印問題
    南進論の萌芽
 7 南進論の具体化と「自主外交」路線の崩壊
    援蔣ルート遮断の完成
    桐工作の進展
    陸軍と南進論
    「時局処理要綱」の国策化
    米内内閣のジレンマ
    米内内閣の崩壊

第2章 松岡外交の始動
 1 第二次近衛文麿内閣の成立と南進政策(一九四〇年七月-八月)
    第二次近衛内閣成立
    荻窪会談と「時局処理要綱」
 2 外相としての松岡洋右
    政治家として立つまで
    松岡入閣
    外務省革新派と松岡
    政府内における松岡の政治的機能
 3 南進政策の始動(一九四〇年七月-九月)
    南進政策の具体化
    蘭印経済交渉の始動
    仏印交渉と「松岡・アンリ協定」
    「応急物動計画」と南方作戦計画
 4 米ソとの関係(一九四〇年一月-八月)
    アメリカの極東政策
    対ソ関係の展開
    松岡のワード・ポリティスク
 5 欧州戦争をめぐる国際関係(一九三九年九月-一九四〇年八月)
    独ソ関係とイギリス
    英独戦争と独ソの不協和音
    日本でのヨーロッパ認識
    米ソ接近の兆候

第3章 日独伊三国同盟の成立
 1 南進政策と日独提携像の具体化(一九四〇年七月-九月)
    「日独伊提携強化案」をめぐる協議
    対独提携像の具体化と対英方針
    対独提携像の具体化と対ソ方針
    対独提携像の決着と対米方針
 2 松岡の外交戦略(一九四〇年七月-九月)
    松岡の状況認識
    松岡の対英戦略
    松岡の対ソ戦略
 3 三国同盟交渉(一九四〇年九月-一〇月)
    ドイツ外交の転換と日独接近
    海軍反対
    松岡・シュターマー交渉の開始と海軍の転換
    ソ連の取り扱い
    交渉妥結

第4章 南進政策の蹉跌
 1 南進政策と日中戦争(一九四〇年九月-一一月)
    北部仏印進駐
    ビルマルート再開と対中援助
    桐工作と銭永銘工作
    汪兆銘政府承認と「支那事変処理要綱」
 2 蘭印経済交渉の展開(一九四〇年八月-一一月)
    南方政策の再定義
    蘭印経済交渉の開始と石油確保
    石油交渉の妥結
    小林代表の辞任
 3 対日経済圧力とその影響(一九四〇年七月-一九四一年一月)
    対日経済圧力
    日本側の対抗策
    物動計画の改訂
    蘭印経済交渉の再開
 4 タイ仏問題(一九四〇年一〇月-一二月)
    仏印経済交渉の開始
    タイ仏印国境紛争の勃発
    日タイ関係の状況
    タイ仏印問題をめぐる事情
    紛争調停の開始
 5 対ソ交渉の難航(一九四〇年一〇月-一二月)
    対ソ交渉の始動
    ドイツの対英外交戦
    ベルリン会談
    対ソ開戦の決定

第5章 松岡外交の「勝利」
 1 タイ仏印調停の本格化(一九四〇年一二月-一九四一年二月)
    陸海軍の接近とタイ仏印に対する強硬論
    急がれるタイ仏印調停
    慎重論に転じた松岡
    停戦協定の成立
 2 第七回連絡懇談会での対立(一九四一年一月三〇日)
    「対仏印泰施策要綱」をめぐる対立
    松岡の武力南進構想
    修正された「対仏印泰施策要綱」
 3 タイ仏印調停の成立(一九四一年二月-三月)
    調停交渉の開始
    劣勢に立たされる松岡
    調停成立
 4 対米交渉の模索(一九四〇年八月-一九四一年三月)
    松岡の対米宥和索
    ローズヴェルトの攻勢
    対米交渉の端諸
    アメリカとの妥協点
    極東の危機説
 5 松岡訪欧と日ソ中立条約締結(一九四〇年一一月-一九四一年四月)
    対ソ交渉の重要性
    「対独伊蘇交渉要綱」と訪欧の準備
    シンガポール攻略問題
    訪欧と独伊首脳との会見
    松岡・モロトフ交渉

第6章 破綻と終焉
 1 南方経済交渉の進展(一九四〇年一二月-一九四一年四月)
    仏印経済交渉の妥結
    蘭印経済交渉の生き詰まり
    現地代表団と日本政府の対立
 2 南進政策の変質(一九四〇年八月-一九四一年四月)
    「自存自衛」のための南進
    「時局処理要綱」の再検討
    「対南方施策要綱」
 3 日米交渉(一九四一年八月-一九四一年四月)
    松岡訪欧中の対米工作と「日米諒解案」
    スタインハート工作
    松岡の帰国と「日米諒解案」
    松岡の対米交渉方針
    松岡の対米認識
 4 蘭印経済交渉の打ち切り(一九四一年四月-六月)
    妥協案の提示
    交渉打ち切り
 5 独ソ開戦への対応(一九四一年四月-六月)
    独ソ開戦確実の報告
    仏印問題の再燃
    「南方施策促進ニ関スル件」をめぐる攻防
    国策の再検討と「情勢ノ推移ニ伴フ帝国国策要綱」
 6 北進論への転向(一九四一年五月-七月)
    独ソ開戦と日米交渉
    北進論への転向
    北進か南進か
    関特演と南部仏印進駐の実施
 7 松岡外交の破綻と閣外放逐(一九四一年五月-七月)
    進展しなかった対米交渉
    孤立した松岡
    閣外放逐
    的中した松岡の予測

終章
    松岡外交の構造
    松岡外交の制約要因-政治的要因
    松岡外交の制約要因-松岡の認識
    再構成される松岡外交像


【著者プロフィール】
服部 聡(はっとり・さとし)
大阪大学外国語学部非常勤講師
1968年生まれ。神戸大学大学院法学研究科博士後期課程単位取得退学・博士(政治学)。専攻は日本政治外交史。


★常備店:あなたの街の近くの本屋さん
 在庫のある可能性がある書店様です、お取寄せにも便利です。
 ⇒ 常備特約店一覧


★こちらからもご購入いただけます!
maruzen-junkudokinokuniyaamazonrakuten7net



お友達にこの商品のURLを教えてあげよう。以下のフォームに記入して送信するボタンをクリックしてください。

送信元のお名前 *
送信元のEメール *
お友達のお名前 *
お友達のメールアドレス *
お友達へのメッセージ *