かぎの話と窃盗リスク
大悪人はいない国

かぎの話と窃盗リスク
  • 田村祐一郎 著
  • 発行年:2010/06/10
  • ISBN:978-4-8051-0950-2
  • Cコード:C0030
  • ページ数:328
  • 判型:A5
  • 定価(税込): 3,080円

 日本はかぎ文化圏に入らないという。かぎが発達しなかった原因は?かぎを様々な視点から考えながら、日本の社会や文化を読み解く。窃盗リスクは本当に小さかったのか?日本の社会には大盗っ人はいないが、こそ泥は多い?安全な社会といわれるが、何が寄与したのか?周囲の目が泥坊を防いだ?これ等の傾向は将来も続く?

Share |
数量

  • 書籍紹介

【目次】
プロローグ
Ⅰ 比較
 1 鍵・かぎ・カギ
 2 日本のかぎ事情
 3 かぎ文化圏
 4 空前の泥坊時代!
Ⅱ 窃盗リスクとかぎ事情
 1 犯罪と窃盗
 2 窃盗率は低かったのか?
 3 窃盗リスクの大きさ
 4 分水嶺
Ⅲ 窃盗文化
 1 盗みと法律
 2 文化現象としての盗み
 3 所有の問題
 4 富の問題
Ⅳ 犯罪の抑制要因
 1 計算の問題
 2 警察力
 3 刑罰
 4 道徳
Ⅴ 家と城壁とカギ
 1 都市と城壁
 2 町の構造
 3 家屋の構造
 4 部屋の構造
Ⅵ 見詰め合う社会
 1 スパイ天国
 2 好奇心と物見高さ
 3 見詰め合う社会
 4 匿名社会へ
エピローグ


【著者プロフィール】
田村祐一郎(たむら・ゆういちろう)
同志社大学客員教授、博士(商学)
1942年生まれ、神戸大学大学院経営学研究科修士課程修了。小樽商科大学助教授、長崎大学助教授・同教授、姫路獨協大学教授、流通科学大学を経て、2010年より現職(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)


★常備店:あなたの街の近くの本屋さん
 在庫のある可能性がある書店様です、お取寄せにも便利です。
 ⇒ 常備特約店一覧


★こちらからもご購入いただけます!
maruzen-junkudokinokuniyaamazonrakuten7net






お友達にこの商品のURLを教えてあげよう。以下のフォームに記入して送信するボタンをクリックしてください。

送信元のお名前 *
送信元のEメール *
お友達のお名前 *
お友達のメールアドレス *
お友達へのメッセージ *