ネットワークと消費者行動
 

ネットワークと消費者行動
  • 斉藤嘉一 著
  • 発行年:2015/01/10
  • ISBN:978-4-8051-1054-6
  • Cコード:C3063
  • ページ数:266
  • 判型:A5
  • 定価(税込): 3,520円

 SNSの浸透と製品の同質化が進んだ現在,消費者行動は大きく変わりつつある。消費者行動の変化を受けて,マーケティング競争・共生関係の形成のされ方もまた変化している。本書は現代の消費者意思決定を説明し,これを通じて,現代的環境の下でのマーケティング競争・共生関係がどのように形成されるかを解き明かす。

Share |
数量

  • 書籍紹介

【目次】
序章 本書の目的と構成

第Ⅰ部 消費者行動と製品間の関係
 第1章 消費者意思決定と2つのネットワーク
  第1節 製品,ブランド,製品カテゴリー
  第2節 消費者意思決定
  第3節 消費者知識のネットワーク
  第4節 消費者相互作用のネットワーク
  第5節 まとめ
 第2章 製品間の関係とそのマネジメント
  第1節 スタティック/ダイナミックな競争・共生関係
  第2節 スタティックな競争関係を規定する考慮集合
  第3節 スタティックな関係のマネジメント
  第4節 ダイナミックな関係のマネジメント
  第5節 まとめ

第Ⅱ部 知識のネットワークと競争の回避
 第3章 考慮集合形成とブランド・コミットメント
  第1節 考慮集合形成
  第2節 ブランド・コミットメント
  第3節 まとめ
 第4章 何がブランド・コミットメントを生み出すか
  第1節 ブランド・コミットメント形成研究と本章の問題意識
  第2節 構成概念の定義
  第3節 仮説
  第4節 尺度開発
  第5節 結果:自己との結び付きがコミットメントを生み出す
  第6節 まとめ

第Ⅲ部 知識のネットワークと製品間のダイナミックな関係
 第5章 自己生成される知識
  第1節 ダイナミックな競争・共生関係が成立するとき
  第2節 ダイナミックな共生関係を生み出す情報処理
  第3節 まとめ
 第6章 製品の同質化はダイナミックな共生関係を導くか
  第1節 耐久財のカテゴリー採用に関する研究と本章の問題意識
  第2節 データと方法
  第3節 結果:共通便益はダイナミックな共生関係を導く
  第4節 まとめ

第Ⅳ部 消費者相互作用のネットワーク
 第7章 消費者相互作用に関する既存研究
  第1節 売上げに対する未経験WOMの効果
  第2節 他者への影響力
  第3節 社会ネットワーク
  第4節 意思決定におけるWOMとシグナルの影響
  第5節 まとめ
 第8章 重要他者からの経験WOMは競争関係を変えるか
  第1節 WOMの効果に関する研究と本章の問題意識
  第2節 理論的背景と仮説
  第3節 データと方法
  第4節 結果:経験WOMは競争参加と競争回避を導く
  第5節 まとめ
 第9章 なぜ製品について話すのか
  第1節 WOM発信研究と本章の問題意識
  第2節 理論的背景:WOM発信を導く目標
  第3節 研究1:何がWOM発信意図を生み出すか
  第4節 研究2:何がWOM発信行動を生み出すか
  第5節 まとめ
 第10章 よくフォローされるのはどんな消費者か
  第1節 非耐久財の連続的新製品の採用に関する研究と本章の問題意識
  第2節 購買履歴データに基づくフォロワー数の定義
  第3節 仮説
  第4節 データと方法
  第5節 結果:魅力的な発信者がよくフォローされる
  第6節 まとめ
 終章 本書の貢献と展望
  第1節 ファインディングス
  第2節 消費者行動研究とマーケティングへの貢献
  第3節 展望

 参考文献
 あとがき


【著者プロフィール】
斉藤嘉一(さいとう・かいち)
明治学院大学経済学部教授、博士(経営学)
著書に『リテールデータ分析入門』(共著・中央経済社)、『プライシング・サイエンス』(編著・同文館)などがある。


★常備店:あなたの街の近くの本屋さん
 在庫のある可能性がある書店様です、お取寄せにも便利です。
 ⇒ 常備特約店一覧


★こちらからもご購入いただけます!
maruzen-junkudokinokuniyarakuten7netamazon



お友達にこの商品のURLを教えてあげよう。以下のフォームに記入して送信するボタンをクリックしてください。

送信元のお名前 *
送信元のEメール *
お友達のお名前 *
お友達のメールアドレス *
お友達へのメッセージ *