消費者の歴史
江戸から現代まで

消費者の歴史
  • 田村正紀 著
  • 発行年:2011/04/20
  • ISBN:978-4-8051-0968-7
  • Cコード:C0030
  • ページ数:352
  • 判型:四六
  • 定価(税込): 2,530円

 消費者はどのように誕生し社会的に普及したのか。それに伴い消費社会はどう生成、発展し、揺らぎ始めたか。その変動過程を展望する初めての通史。

Share |
数量

  • 書籍紹介

【目次】
はじめに

Ⅰ 江戸の消費様式
 1 政治権力による消費の抑圧
    幕藩体制の成立
    固定的な階級身分構造
    生活価値の規範
    奢侈禁止法による政治的抑圧
    下流武家の生活
    農民の生活
 2 上流武家の消費生活
    生活価値の変化
    贅沢消費
    義理関係での贈与交換
 3 町人の浮世消費
    町人の台頭
    下流町人の消費生活
    浮世消費とその普及
    浮世消費への弾圧
    他の生活価値の芽生え

Ⅱ 消費近代化の跛行―明治・大正・昭和初期
 1 新しい時代の消費者階層
    四民平等と個人の抑圧
    士族の没落
    小作人と地主
    殖産興業政策による消費者数の増加
 2 舶来品と日本文化
    舶来品の洪水
    衣生活の変化
    食生活の変化
    食材の文化融合
    住生活の変化
 3 個人消費支出の変化
    集計行動としての個人消費支出
    人口増に依存する消費市場
    貧困な大衆層

Ⅲ 貧と富の消費様式
 1 下流消費者の生存消費
    小作人の生活
    都市貧民の生活
    都市労働者の生活
 2 贅沢品による生活革新
    マーケターの役割
    住生活の変化
    耐久消費財への欲望
    衣生活の変化
    食生活の変化
 3 生活価値の変化
    大衆型物質主義の定着
    所得水準を選び取る
    流通革命の役割

Ⅳ 消費者の成熟と揺らぎ
 1 消費者リーダーの交代
    時代の転換
    新世代消費者の登場
    若者消費者の分解
 2 成熟消費の主要指向
    ブランド指向の誕生
    サービス指向
    ハード・テクノロジーによるサービス革新
    ソフト・テクノロジーによるサービス革新
    外食指向
    買物利便性指向
 3 消費者意識の変化
    権利意識の高まり
    自律意識の高まり
    格差意識の高まり


【著者プロフィール】
田村正紀(たむら・まさのり)
同志社大学特別客員教授、神戸大学名誉教授、商学博士
1940年大阪市生まれ。1966年神戸大学大学院経営学研究科 博士課程中退後、神戸大学経営学部助手、同大学専任講師、助教授、教授、流通科学大学流通科学研究所教授兼所長などを経て現職。


★常備店:あなたの街の近くの本屋さん
 在庫のある可能性がある書店様です、お取寄せにも便利です。
 ⇒ 常備特約店一覧


★こちらからもご購入いただけます!
maruzen-junkudokinokuniyaamazonrakuten7net



お友達にこの商品のURLを教えてあげよう。以下のフォームに記入して送信するボタンをクリックしてください。

送信元のお名前 *
送信元のEメール *
お友達のお名前 *
お友達のメールアドレス *
お友達へのメッセージ *