テレワーク導入による生産性向上戦略
(関西学院大学研究叢書 第181編)

テレワーク導入による生産性向上戦略
  • 古川靖洋 著
  • 発行年:2015/11/30
  • ISBN:978-4-8051-1076-8
  • Cコード:C3034
  • ページ数:210
  • 判型:A5
  • 定価(税込): 2,916円

テレワーク環境の整備とともに、生産性を向上させるためのテレワーカーの諸施策の実態を調査・分析。

Share |
数量

  • 書籍紹介

【目次】
第1章 日本におけるテレワークへの取り組み

第2章 テレワークのメリットとデメリット

第3章 テレワークと知識マネジメント

第4章 テレワークに関する懸念と効果

第5章 テレワーク導入企業におけるオフィスワーカーの生産性向上要因

第6章 テレワークとテレワーカーの生産性

第7章 テレワークとオフィスワーカーの動機づけ

終 章 テレワークの成功のために


【著者プロフィール】
古川靖洋(ふるかわ・やすひろ)
関西学院大学総合政策学部教授、博士(商学)(慶應義塾大学)
主要著書に『創造的オフィス環境』(2002)、『情報社会の生産性向上要因』(2006)、『深化する日本の経営』(共著・2012)など。


【新聞 書評・記事】
日本経済新聞「読書人」(2016年03月06日付)


★常備店:あなたの街の近くの本屋さん
 在庫のある可能性がある書店様です、お取寄せにも便利です。
 ⇒ 常備特約店一覧


★こちらからもご購入いただけます!
maruzen-junkudokinokuniyarakuten7netamazon



お友達にこの商品のURLを教えてあげよう。以下のフォームに記入して送信するボタンをクリックしてください。

送信元のお名前 *
送信元のEメール *
お友達のお名前 *
お友達のメールアドレス *
お友達へのメッセージ *