企業価値とリスクキャピタル
 

企業価値とリスクキャピタル
  • 岩瀬泰弘 著
  • 発行年:2010/07/01
  • ISBN:978-4-8051-0949-6
  • Cコード:C3033
  • ページ数:236
  • 判型:A5
  • 定価(税込): 2,808円

 金融の自由化により銀行、証券、保険の垣根は低くなったが、リスクを無視した業容拡大は市場を混乱させる。市場経済の拡大に伴い、リスクが多様化、複雑化する中、金融・保険業の企業価値をリスクキャピタルの視点から考察する。同時に、資本とトレードオフの関係にある保険負債の分析により保険会社の経営課題を究明する。

Share |
数量

  • 書籍紹介

【目次】
はしがき

第Ⅰ部 緒論
 第1章 研究の全体像
 第2章 保険事業の財務上の特殊性
 第3章 保険の固有特性

第Ⅱ部 損害保険事業の企業価値
 第4章 損害保険事業のリスクキャピタル
 第5章 経営評価指標EVAによる財務分析
 第6章 最適資本構成の在り方
 第7章 損害保険事業の価値創造

第Ⅲ部 損害保険事業の経営課題
 第8章 損害保険事業が直面する諸問題
 第9章 保険金等支払問題の再検証
 第10章 損害保険事業の料率秩序の再構築
 第11章 損害保険事業の経営課題

第Ⅳ部 生命保険事業の企業価値と経営課題
 第12章 生命保険事業の企業価値
 第13章 生命保険事業の経営課題
 終章 要約と結論および残された課題
参考文献
事項索引


【著者プロフィール】
岩瀬泰弘(いわせ・やすひろ)
帝京大学経済学部経営学科教授、博士(経営学)
1976年神戸大学工学部卒業。1976年富士火災海上保険株式会社入社。財団法人損害保険事業総合研究所主席研究員、社長室副部長、人事部部長、新商品開発部部長を経て、2006年福井県立大学地域経済研究所准教授。2010年博士(経営学)帝京大学。2010年帝京大学経済学部経営学科准教授。専門分野は保険経営、リスクマネジメント、企業価値評価(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)


★常備店:あなたの街の近くの本屋さん
 在庫のある可能性がある書店様です、お取寄せにも便利です。
 ⇒ 常備特約店一覧


★こちらからもご購入いただけます!
maruzen-junkudokinokuniyaamazonrakuten7net






お友達にこの商品のURLを教えてあげよう。以下のフォームに記入して送信するボタンをクリックしてください。

送信元のお名前 *
送信元のEメール *
お友達のお名前 *
お友達のメールアドレス *
お友達へのメッセージ *