卸売商業構造論
 

卸売商業構造論
  • 荒川祐吉 著
  • 発行年:1990/03/15
  • ISBN:978-4-8051-0608-2
  • Cコード:C3063
  • ページ数:358
  • 判型:A5
  • 定価(税込): 4,805円

 本書は、わが国経済の生成・発展・成熟過程と共に多様に形成・展開した卸売商業構造論を、歴史的・理論的・実証的に究明し、その特質、経済システム内でのその存立根拠・形態・機能を解明し、政策形成への含意に言及した論稿集。アメリカ合衆国の事情にも触れつつ、商業構造分析の統合的範型を提示している。

Share |
数量

  • 書籍紹介

【目次】
第Ⅰ部 卸売商業耕造の形成
 1.紙及び紙製品卸売商業の形成と構造
 2.独占段階における流通機構=配給組織の形態と動向(卸売について
 3.卸売り機能の再確認
第Ⅱ部 アメリカの卸売商業
 4.アメリカの「コマーシャルエキジビット」
 5.米国卸売業の二十五年
第Ⅲ部 わが国卸売商業の実証分析
 6.系列化の進展と繊維商社の地位・機能の変化
 7.神戸市卸売商業の実態
第Ⅳ部 卸売商業構造の変動と政策
 8.中小卸売商業の構造変動
 9.繊維・衣料卸売流通の変貌と卸売流通機能強化の方向
 10.卸売商業振興の基礎理論、現状分析及び課題

お友達にこの商品のURLを教えてあげよう。以下のフォームに記入して送信するボタンをクリックしてください。

送信元のお名前 *
送信元のEメール *
お友達のお名前 *
お友達のメールアドレス *
お友達へのメッセージ *