マーケティング論の源流
 

マーケティング論の源流
  • 光澤滋朗 著
  • 発行年:1990/09/01
  • ISBN:978-4-8051-0622-8
  • Cコード:C3063
  • ページ数:306
  • 判型:A5
  • 定価(税込): 4,057円

 本書はマーケティング論のパイオニアとしてのショウ、バトラーおよびウェルドの著作をとりあげ、その登場の必然性を社会経済的な基盤との関連で明らかにすると同時に、マーケティング論の本来的な性格を究明した力作。ハウツー的なマーケティング論から訣別するとともに、マーケティング論を一個独立の学問分野として定立しようとした話題作。

Share |
数量

  • 書籍紹介

【目次】
第1部 マーケティング論生成の背景
 第1章 流通革命
 第2章 製造業者の流通介入
 第3章 大規模小売商の登場
 第4章 農産物「流通革命」
第2部 生成期のマーケティング論
 第5章 ショウのマーケティング論
 第6章 バトラーのマーケティング論
 第7章 ウェルドのマーケティング論
 第8章 その他の総論的文献
第3部 マーケティング論の本来的性格
 第9章 生成期マーケティング論の含意
あとがき
索引

お友達にこの商品のURLを教えてあげよう。以下のフォームに記入して送信するボタンをクリックしてください。

送信元のお名前 *
送信元のEメール *
お友達のお名前 *
お友達のメールアドレス *
お友達へのメッセージ *