小売視点のブランド・コミュニケーション
 

小売視点のブランド・コミュニケーション
  • 寺本高 著
  • 発行年:2012/10/10
  • ISBN:978-4-8051-1003-4
  • Cコード:C3063
  • ページ数:246
  • 判型:A5
  • 定価(税込): 3,520円

 消費財メーカーが、購買だけでなく、態度形成や情報共有まで含めたブランド・コミュニケーションを小売視点でどのように捉えていくのか。このような見地から「ブランドを買ってもらうため」から,「ブランドのファンになってもらう・話題になるため」の小売店頭コミュニケーションの発展のあり方を実証分析から提言。

Share |
数量

  • 書籍紹介

【目次】
はじめに
1 小売店頭でのブランド・コミュニケーションの課題
 1.1 消費者の業態選択行動の変化
 1.2 小売店頭における付加価値の対象
 1.3 小売店頭における付加価値の成果の捉え方
 1.4 ブランド・コミュニケーションのモデルの発展からの示唆
 1.5 本章のまとめ

2 ブランド・コミュニケーション効果分析に関するレビュー
 2.1 値引きによる効果
 2.2 特別陳列による効果
 2.3 チラシによる効果
 2.4 店頭POPによる効果
 2.5 デモンストレーションによる効果
 2.6 クーポニングによる効果
 2.7 店頭コミュニケーションの各手法による効果整理
 2.8 情報共有へのコミュニケーションの効果
 2.9 本章のまとめ

3 値引きとブランド・コミットメント
 3.1 ブランド・コミットメントの先行研究のレビュー
 3.2 分析方法
 3.3 実証分析
 3.4 分析結果
 3.5 考察
 3.6 本章のまとめ

4 特別陳列ブランド・コミットメント
 4.1 分析方法
 4.2 データ概要
 4.3 分析結果
 4.4 考察
 4.5 分析Ⅱの仮説モデル
 4.6 分析Ⅱの方法
 4.7 分析Ⅱの結果
 4.8 分析Ⅱの考察
 4.9 本章のまとめ

5 ブランド・コミットメントと長期的なブランド購買
 5.1 ブランド・コミットメントの効果についてのレビュー
 5.2 研究のアプローチと仮説
 5.3 データ分析の概要
 5.4 分析結果
 5.5 考察
 5.6 本章のまとめ

6 情報発信型消費者の意思決定プロセス
 6.1 情報発信型消費者に関する先行研究のレビュー
 6.2 考慮集合に関する先行研究のレビュー
 6.3 マーケットメイブンの考慮集合に関する先行研究の課題
 6.4 分析Ⅰ:マーケットメイブンの考慮集合のサイズと商品特性
 6.5 分析Ⅱ:マーケットメイブンの情報処理プロセス
 6.6 本章のまとめ

7 情報発信型消費者と新製品トライアル購買予測
 7.1 新製品の需要予測に関する先行研究
 7.2 分析Ⅰ:マーケットメイブンの新製品トライアル購買の特徴分析
 7.3 分析Ⅱ:マーケットメイブンの購買履歴による新製品トライアル購買の予測
 7.4 考察
 7.5 本章のまとめ

8 情報発信型消費者の店頭コミュニケーション反応
 8.1 ブランドスイッチの影響要因に関する先行研究
 8.2 仮説
 8.3 分析方法
 8.4 分析結果
 8.5 考察
 8.6 本章のまとめ

9 店頭コミュニケーションとブランド・ライフサイクル
 9.1 ロングセラー・ブランドに関する先行研究のレビュー
 9.2 仮説
 9.3 分析方法
 9.4 分析結果
 9.5 考察
 9.6 本章のまとめ

10 本書のまとめと今後の展望


【著者プロフィール】
寺本 高(てらもと・たかし)
明星大学経営学部准教授
1973年神奈川県横浜市生まれ。1998年慶應義塾大学商学部卒業。2008年筑波大学大学院ビジネス科学研究科博士前期課程修了。2011年同大学大学院同研究科博士後期課程修了。博士(経営学)。1999年財団法人流通経済研究所研究員。2005年同研究所主任研究員。2009年同研究所主任研究員店頭研究開発室長。2011年明星大学経済学部経営学科准教授。2012年同大学経営学部経営学科准教授。


★常備店:あなたの街の近くの本屋さん
 在庫のある可能性がある書店様です、お取寄せにも便利です。
 ⇒ 常備特約店一覧


★こちらからもご購入いただけます!
maruzen-junkudokinokuniyaamazonrakuten7net



お友達にこの商品のURLを教えてあげよう。以下のフォームに記入して送信するボタンをクリックしてください。

送信元のお名前 *
送信元のEメール *
お友達のお名前 *
お友達のメールアドレス *
お友達へのメッセージ *