ブランドの誕生
地域ブランド化実現への道筋

ブランドの誕生
  • 田村正紀 著
  • 発行年:2011/12/10
  • ISBN:978-4-8051-0987-8
  • Cコード:C0034
  • ページ数:192
  • 判型:四六
  • 定価(税込): 2,420円

 特産品ブランド化の多くの試みが企画倒れに終わる。夢見ることと夢を実現することは違う。ブランド化の夢は、消費者が認めたとき市場で実現する。どう市場開拓すれば夢が叶うのか。その道筋を検証する。

Share |
数量

  • 書籍紹介

【目次】
はしがき
1 地域ブランドにかける夢
 なぜ地域ブランドか
 深層にある地域共同体再生の夢
  (1)地域共同体とは
  (2)地域共同体の分解
  (3)歴史における弁証法的発展
 商標登録だけではブランドはできない
 特産品がブランドになるとき
 地域ブランドをどう実現していくか
 地域ブランドの実現論を目指して

2 地域ブランドは市場発展の中から生まれる
 市場発展を流れとしてみる
 市場発展の三つの段階
 市場発展は品種ジャンルによって異なる
 市場発展なくしてブランド化はできない
 地元市場から全国市場への壁
 顧客創造は顧客化階層推移率の累積的産物である
 マーケティング活動が顧客化推移に影響する
 市場発展に対応できる生産体制はできているか

3 出会い活動による試買市場の開拓
 きわめて多様な出会い活動
 出会い活動の利用様式も多様である
 活動目標を設定する
 顧客化階層推移率の競争的地位を引き上げる
 目標達成に影響力ある活動を選ぶ
  (1)不認知・認知推移率への影響度
  (2)認知・理解推移率への影響度
  (3)理解・試買推移率への影響度
 観光販路は地域連携の賜物
 一般販路による市場開拓

4 試買市場から常用市場への途
 市場発展の道行きは多様である
 高い常用率を達成する道筋
 試買・常用推移率はなにに左右されるか
 どのような商品特性が購入者満足度を高めるのか
 商品特徴の情緒的側面:経験価値
 試買と常用では欲求構造が違う
  (1)商品特性からみた差異
  (2)経験価値からみた差異
 品質評価からみた機会と脅威

5 ブランド化の実現とその果実
 購入経験とともに高まる愛着心
 市場発展段階で異なる商品提供の演出
 愛着度の強い顧客はセールスマンになる
 数量プレミアムと価格プレミアムを分けて考える
 価格プレミアムを育てる愛着度
 ブランド力とはなにか
 特産品にはブランド化していない物が多い


【著者プロフィール】
田村正紀(たむら・まさのり)
神戸大学名誉教授、北海学園特任教授、商学博士


★常備店:あなたの街の近くの本屋さん
 在庫のある可能性がある書店様です、お取寄せにも便利です。
 ⇒ 常備特約店一覧


★こちらからもご購入いただけます!
maruzen-junkudokinokuniyaamazonrakuten7net



お友達にこの商品のURLを教えてあげよう。以下のフォームに記入して送信するボタンをクリックしてください。

送信元のお名前 *
送信元のEメール *
お友達のお名前 *
お友達のメールアドレス *
お友達へのメッセージ *