何でもない日に、あげる。 千倉書房のプレゼントブック

手紙のような贈り物。

親しくしている人。

お世話になっている人。

伝えたい気持ちがある。

ありがとう。ごめんね。がんばって。

でもあまりにも近くて、照れくさい。

何でもない日に、ちゃんと。

いまの気持ちを、素直に。

「言いたいことは、この中にあるよ」

さりげなく渡そう。

手紙のように“伝える”贈り物、プレゼントブック。

LINE UP
最新刊!

レポートの更新が遅くなってごめんなさい。

みなさんお楽しみ? の番外編をお送りします。

その名も「プレゼントブック交換会」です!

発売直後から、様々な方の「私は○○な人に贈りました」という

嬉しいメッセージを頂いているのですが、

肝心の本人達はどうなのでしょう??

・・・と思って控え室を覗いてみると、

何やら盛り上がっているようです。

見てください、この嬉しそうな顔。この二人の間でプレゼントブック交換会しちゃってます。

見てください、この嬉しそうな顔。この二人の間でプレゼントブック交換会しちゃってます。

こんなオチでごめんなさいw

本当は二人とも色々な人にプレゼントしてます。

先日は、薫堂さんが女優の小橋めぐみさんにプレゼントしたことがきっかけで、

絵本を気に入ってくださった小橋さんが親友の奥菜恵さんにプレゼント・・・

なんてふうに『いのちのかぞえかた』がリレーしたのです♪

*紹介していただいたブログはコチラ*

奥菜恵さん「奥菜恵公式ブログ

小橋めぐみさん「Comment allez-vous?

*セルジュが薫堂さんに贈ったプレゼントブック*

「so interesting, so new, so wonderful  」と大満足の言葉を残して帰国したセルジュから薫堂さんへ。

「so interesting, so new, so wonderful 」と大満足の言葉を残して帰国したセルジュから薫堂さんへ。

番外編を含め、全4回にわたってお送りしたイベントレポート。

楽しんでいただけましたでしょうか?

クリスマスに向けてもうひとサプライズ用意しておりますので、

みなさま引き続き応援を宜しくお願いします!



2010年10月21日

僕なら、きっと。

CATEGORY: 誰に贈る? by hayashi

プレゼントブック。僕なら、誰に贈るだろう。

秋の冷たい雨を眺めていたら、少しだけ、

センチメンタルなことを考えてしまいました。

柄にもないですが、僕なら、きっと、

ひと目あった瞬間に100%だ! と感じた女の人に贈ります。

恥ずかしいですね。そんな気張らなくてもいいのが、プレゼントブックなのに。

普通に思い浮かんだのは、盆と正月くらいしか顔をあわせない母親。

あとは、これから訪れるであろうたいせつな友人たちのアレコレを、

お祝いしたり、応援したり、励ましたりするたびに「はい、これ」って、

何気なく渡してあげたいなぁと思います。

あくまで、クールに。が、僕のイメージです(笑)。

★みなさんの「贈りたい人」も教えてください!

下記コメント欄はもちろんツイッターでも募集中です。

(ツイッターではハッシュタグ「 #kazoeru 」をつけるのを忘れずに)