何でもない日に、あげる。 千倉書房のプレゼントブック

手紙のような贈り物。

親しくしている人。

お世話になっている人。

伝えたい気持ちがある。

ありがとう。ごめんね。がんばって。

でもあまりにも近くて、照れくさい。

何でもない日に、ちゃんと。

いまの気持ちを、素直に。

「言いたいことは、この中にあるよ」

さりげなく渡そう。

手紙のように“伝える”贈り物、プレゼントブック。

LINE UP
最新刊!

明日、12月21日から23日まで、劇団銅鑼 が 「ボクの穴、彼の穴。」を舞台で表現してくれます。この本は、「まってる。」の作家、イラストと同じ、デヴィッド・カリ、セルジュ・ブロックの作品を松尾スズキさんが翻訳してくれた作品です。

「砂漠の中にある二つの穴に兵士が一人づつ入っています。彼らは敵同士。彼の穴からはボクは見えない。そう、ボクは一人ぼっち。そして彼は血も涙もない、ほんとうのモンスター。」

どういうお芝居に仕立ててくれるのか、楽しみです!