金融・証券に関する書籍



金融・証券

 title_green

証券化と流動性の経済理論



丸茂 俊彦 著

 危機拡散のメカニズムを解明し、サブプライム問題の本質を論じる

証券化と流動性の経済理論
発行年月
2016年9月 1日
著者
丸茂俊彦   
定価
3,456円(税込)
ISBNコード
ISBN-13: 978-4-8051-1102-4
Cコード
Cコード: C3033
書籍サイズ
224頁

数量:

  • お友達に知らせる

目次・内容紹介


証券化と流動性の経済理論


【目次】
第1章 証券化と流動性 サブプライム金融危機の背景と経緯/危機の拡散/ほか

第2章 証券化と銀行組織の経済機能 金融取引形態と銀行ビジネスモデル/証券化は銀行機能を変えたか/ほか

第3章 担保価値割引率リスクと資金流動性 ローン担保証券市場/比較静学分析/ほか

第4章 借換えリスクと資金流動性 短期債市場/比較静学分析/ほか

第5章 資金回収リスクと資金流動性 投資ファンドの資産選択問題/資金回収リスク/ほか

第6章 投資主体間の情報格差と市場流動性 証券トレーディングのモデル/トレーダーの投資戦略/ほか

第7章 投資主体間の取引手法の違いと市場流動性 レバレッジと裁定を伴う資産市場均衡/政策的含意/ほか

第8章 証券化商品市場と個人投資家 ローン担保証券市場/比較静学分析/ほか

第9章 証券化商品市場と金融政策 銀行の資産選択問題/モデル全体の均衡/比較静学分析/ほか


【著者プロフィール】
丸茂俊彦(まるも・としひこ)
同志社大学商学部商学科博士前期課程教授


★常備店:あなたの街の近くの本屋さん
 在庫のある可能性がある書店様です、お取寄せにも便利です。
 ⇒ 常備特約店一覧




★こちらからもご購入いただけます!
maruzen-junkudo kinokuniya amazon rakuten 7net ブックサービス

PAGE TOP



関連書籍