国際政治に関する書籍



国際政治

 title_green

苦渋の選択

対外政策変更に関する理論

国家が重要な対外政策を変更しようとするとき、そこにはどのような力と判断が働いているのか。

苦渋の選択
発行年月
2016年2月 3日
著者
デイヴィッド・A・ウェルチ  田所昌幸   
定価
3,456円(税込)
ISBNコード
ISBN-13: 978-4-8051-1074-4
Cコード
Cコード: C3031
書籍サイズ
A5判 336頁

数量:

  • お友達に知らせる

目次・内容紹介



苦渋の選択



【目次】
第1章 驚愕、予期、理論
 決定に基づく行動理論を求めて/対外政策変更の理論を求めて

第2章 対外政策変更の理論
 理論の構成要素/対外政策変更に関する損失回避の理論/ほか

第3章 無益な島をめぐる紛争
 マイビナス諸島/北方領土/ほか

第4章 アジアの戦争におけるアメリカの若者
 ターニングポイント/ニクシンジャーと終盤戦/ほか

第5章 カナダの対米自由貿易政策
 ローリエと1911年の互恵協定/キングと恩恵をめぐる1948年の非合意/マルルーニーと1988年の自由貿易協定/ほか

第6章 結論


【著者プロフィール】
デイヴィッド・ウェルチ(David A. Welch)
ウォータールー大学(カナダ)教授、Ph.D.
1960年生まれ。1983年トロント大学トリニティ・カレッジ卒業。1985年ハーヴァード大学修士課程修了。1990年ハーヴァード大学にてPh.D.を取得。ジョセフ・S・ナイの愛弟子であり、世界中で使用されている国際政治学の定番テキスト ” Understanding Global Conflict and Cooperation” (9th ed., Pearson Longman; 日本語では田中明彦・村田晃嗣訳 『国際紛争』 原書第9版として有斐閣から刊行)の共同執筆者として知られる。


【新聞 書評・記事】
日本経済新聞「読書人」(2016年02月07日付)


【シンポジウム開催】
刊行記念シンポジウム(2015年02月03日 @国際文化会館 にて開催)


★常備店:あなたの街の近くの本屋さん  在庫のある可能性がある書店様です、お取寄せにも便利です。
 ⇒ 常備特約店一覧


★こちらからもご購入いただけます!
maruzen-junkudo kinokuniya
rakuten 7net amazon


PAGE TOP



関連書籍