日本史に関する書籍



日本史

 title_green

昭和立憲制の再建 1932〜1945年



米山忠寛 著

 戦前期の立憲政治が胚胎し、戦時体制を越えて戦後を準備した「秩序」のあり方に着目する、新たな日本近代史。

昭和立憲制の再建 1932〜1945年
発行年月
2015年3月29日
著者
米山忠寛   
定価
6,912円(税込)
ISBNコード
ISBN-13: 978-4-8051-1058-4
Cコード
Cコード: C3021
書籍サイズ
A5判 440頁

数量:

  • お友達に知らせる

目次・内容紹介


昭和立憲制の再建 1932〜1945年


【目次】
序章

第1章 危機の時代 1932〜1936年
 1 政党不信――老総裁と新党構想
 2 立憲制の危機――国体明徴と立憲政治
 3 社会改革要求と馬場税制

第2章 再編の時代 1937〜1940年
 1 政界再編――模索と闘争
 2 立憲制の確認――日本独特の立憲政治
 3 戦時体制と税制改革

第3章 再建の時代 1941〜1945年
 1 体制再建――戦時体制と議会政治
 2 立憲制の再建――基軸としての帝国憲法
 3 戦時経済運営と国内の安定

結章


【著者プロフィール】
米山忠寛(よねやま ただひろ)
法政大学 大原社会問題研究所 兼任研究員・東京大学 先端科学技術研究センター 客員研究員、博士(法学)
1979年生まれ。日本学術振興会特別研究員等を経て、東京大学先端科学技術センター客員研究員。著書に『宰相たちのデッサン』(共著・ゆまに書房)、『近現代日本を史料で読む』(共著・中公新書)などがある。


★常備店:あなたの街の近くの本屋さん
 在庫のある可能性がある書店様です、お取寄せにも便利です。
 ⇒ 常備特約店一覧




★こちらからもご購入いただけます!
maruzen-junkudo kinokuniya amazon rakuten 7net ブックサービス

PAGE TOP



関連書籍