近代史に関する書籍



近代史

 title_green

日清・日露戦争における政策と戦略

「海洋限定戦争」と陸海軍の協同

平野龍二 著

 二つの戦争を勝利に導いた近代日本の政戦略を探る。

日清・日露戦争における政策と戦略
発行年月
2015年2月 6日
著者
平野龍二   
定価
6,264円(税込)
ISBNコード
ISBN-13: 978-4-8051-1051-5
Cコード
Cコード: C3021
書籍サイズ
A5判 428頁

数量:

  • お友達に知らせる

目次・内容紹介



日清・日露戦争における政策と戦略



【目次】
序 章 近代日本にとって日清・日露戦争とは

第1章 「海洋限定戦争」という方法論

第2章 日清戦争までの政略と戦略

第3章 「海洋限定戦争」としての日清戦争

第4章 下関講和条約に向けた政戦略

第5章 日清戦争後の海軍戦略と日露開戦の決断

第6章 聯合艦隊による旅順口攻撃の再評価

第7章 日露戦争初期の陸海軍協同作戦

第8章 日露講和に向けた政戦略

第9章 日本海海戦後の軍事戦略

終 章 「海洋限定戦争」としてみた日清・日露戦争


【著者プロフィール】
平野龍二(ひらの・りゅうじ)
防衛省防衛研究所戦史研究センター安全保障政策史研究室/2等海佐
1988年慶應義塾大学文学部卒業。2013年慶應義塾大学大学院法学研究科政治学専攻後期博士課程修了。博士(法学)。専門分野は日本軍事史、海軍戦略論。


★常備店:あなたの街の近くの本屋さん
 在庫のある可能性がある書店様です、お取寄せにも便利です。
 ⇒ 常備特約店一覧


★こちらからもご購入いただけます!
maruzen-junkudo kinokuniya
rakuten 7net amazon


PAGE TOP



関連書籍