近代史に関する書籍



近代史

 title_green

日本・アルジェリア友好の歩み

外交関係樹立50周年記念誌

私市正年・スマイル・デベシュ・在アルジェリア日本国大使館 編著

 国交樹立から50周年を迎えた日本とアルジェリア。プラント輸出やエネルギー開発で関係の深い両国の、長年にわたる友好の歩みを、外交官、経済人、技術者、研究者、留学生たちが一堂に会し、振り返る。映画『アルジェの戦い』や歌謡曲『カスバの女』などのヒットから、アルジェリア独立戦争の支援活動にいたるまで、日本はこの遠い北アフリカの大国にシンパシーを抱いてきた。

日本・アルジェリア友好の歩み
発行年月
2014年8月10日
著者
私市正年  スマイル・デベシュ  在アルジェリア日本国大使館   
定価
3,024円(税込)
ISBNコード
ISBN-13: 978-4-8051-1041-6
Cコード
Cコード: C1020
書籍サイズ
四六判 286頁

数量:

  • お友達に知らせる

目次・内容紹介


【目次】
序文
 日本国 外務大臣◆ 岸田文雄
 アルジェリア民主人民共和国 外務大臣◆ ラムタン・ラマムラ

第1章 日本とアルジェリアの五〇年
 アルジェリアの国家建設と日本――連帯・協力と平和・発展◆ 私市正年
 日・アルジェリア関係――目標達成のための協力◆ スマイル・デベシュ

第2章 両国関係の歩みと将来
 日本駐在の記憶◆ アブデルマレク・ベンハビレス
 厖大な可能性のある国◆ 川田司
 日本を知る◆シド・アリ・ケトランジ
 テロとの戦い◆荒義尚
 五〇年前、日本にいたアルジェリア人◆ スリム・タハール・デバガ
 日本アルジェリア協会の現状と課題◆ 浦辺彬
 国民解放戦線東京代表部(一九五八〜六二年)について◆ ムハンマド・ベンダーラ
 FLN極東代表部に対する日本人の支援◆ 谷口侑
 地震のリスクに共にさらされて◆ アブデルハク・アイサウィ
 日アルジェリア経済協力 来し方行く末◆ 竹鼻千尋

特別インタビュー
 私は日本を『発見』した最初のアルジェリア人◆ シディ・アフメド・ゴザリ

第3章 Win=Winの経済関係を目指して
 日本アルジェリア友好五〇周年によせて◆ 重久吉弘
 日・アルジェリア経済関係発展のプロセス◆ レダ・ハミアニ
 貿易からみた日本とアルジェリアの経済関係◆ 吉田敦
 アルジェリアと日本◆ セフィアン・ハスナウイ
 独立五〇年におけるアルジェリアと伊藤忠商事の歩み◆ 西澤善弘
 発展の原動力としてのトヨタ方式◆ ヌーレディン・ハサイム
 アルジェリア東西高速道路工事に従事して◆田嶋弘志
 海事教育の技術協力と日ア交流◆ 大前正也
 アルジェリアに築いた一大モニュメント――アルジェリアに於けるIHIの軌跡とエピソード◆ 高橋誠
 日本人から見たアルジェリアの石油産業◆ 小野照政
 日本アルジェリア国交五〇周年にあたり◆ 北岡輝雄

第4章 幅広い国民間の交流
 オラン科学技術大学を舞台にした日・アルジェリア協力◆ ハセン・ラズレグ
 アルジェリアと私◆ 宮治一雄
 一九六四年東京オリンピック――独立国家アルジェリア初めてのオリンピック出場◆ モ ハメド・ヤマニ(旧姓ラザリ)
 アルジェリアで「文楽(Bunraku)」世界一周◆ 三世桐竹勘十郎
 日アルジェリア間の大学間協力◆ ナスル・エディン・ベラシェド
 オランを起点とするアルジェリアとの科学技術協力――サハラソーラーブリーダー計画の基本戦略と展開◆ 鯉沼秀臣
 アルジェリア国立交響楽団への想い◆ 矢崎彦太郎
 オアシスの生態に関する研究からアルジェリア・タデマイト高原の生物多様性保全まで◆ アブドゥルラフマーン・ベンハリファ
 アルジェリア研究四五年を顧みて◆ 宮治美江子
 文化交流としての能◆ 武田宗和
 国費留学生留学体験記◆ モハメド・アムルシュ
 日本−アルジェリアセンター◆ 渡辺真美
 アルジェリアの大学で学んで◆ 渡邊祥子
 アルジェ日本人学校の思い出◆ 有吉由香
 アルジェリア史研究を振り返って◆ 小山田紀子

あとがき◆ 川田司
あとがき◆ 私市正年

日本アルジェリア交流年表


★常備店:あなたの街の近くの本屋さん
 在庫のある可能性がある書店様です、お取寄せにも便利です。
 ⇒ 常備特約店一覧




★こちらからもご購入いただけます!
maruzen-junkudo kinokuniya amazon rakuten 7net ブックサービス

PAGE TOP



関連書籍