財務会計に関する書籍



財務会計

 title_green

日本語と英語でまなぶ企業分析入門

INTRODUCTION TO CORPORATE FINANCIAL ANALYSIS IN JAPANESE & E..

古賀智敏 著

 本書は、日本証券業協会「外務員必携」シリーズで著者が担当した『財務諸表と企業分析』を同協会の許可のもと、抜粋して作成され、さらに同協会の作成した英語版を組み合わせた、企業分析の基礎を日本語と英語で学べるビジネス英語の入門書です。外資系企業を担当する公認会計士や金融機関の方には待望の1冊!

日本語と英語でまなぶ企業分析入門
発行年月
2014年5月12日
著者
古賀智敏   
定価
3,024円(税込)
ISBNコード
ISBN-13: 978-4-8051-1036-2
Cコード
Cコード: C3034
書籍サイズ
A5判 288頁

数量:

  • お友達に知らせる

目次・内容紹介


【目次】
機〆睫浬表の仕組みと読み方
 第1章 財務諸表の意義と役割
  1−1 会計と財務諸表
  1−2 連結財務諸表制度
 第2章 貸借対照表の仕組みと読み方
  2−1 貸借対照表の仕組み
  2−2 貸借対照表の科目分類基準
  2−3 貸借対照表項目の分類
 第3章 損益計算書の仕組みと読み方
  3−1 損益計算書の仕組み
  3−2 損益計算書の業績特性
 第4章 連結財務諸表の仕組みと読み方
  4−1 連結財務諸表の見方・読み方
  4−2 連結財務諸表の仕組み
 第5章 キャッシュ・フロー計算書の仕組みと読み方
  5−1 キャッシュ・フロー計算書

供ヾ覿畔析の手法
 第6章 企業分析の目的と方法
  6−1 企業分析の目的と対象
  6−2 企業分析の課題
  6−3 企業分析の手法
  6−4 総合的評価
 第7章 収益性分析
  7−1 収益性分析の意義と体系
  7−2 資本利益率
  7−3 売上高利益率
 第8章 安全性分析
  8−1 安全性分析の意義と体系
  8−2 流動性分析
  8−3 財務健全性分析
  8−4 自己資本比率
 第9章 資本効率性・損益分岐点分析
  9−1 資本効率性分析の意義と体系
  9−2 損益分岐点分析
 第10章 キャッシュ・フロー分析
  10−1 キャッシュ・フロー分析
 第11章 成長性分析
  11−1 成長性分析のとらえ方
  11−2 成長性の尺度
 第12章 配当政策と配当率・配当性向
  12−1 配当率:配当性向
 第13章 分析結果の総合評価
  13−1 分析結果の総合

機STRUCTURE AND INTERPRETATION OF FINANCIAL STATEMENTS
 Chapter1 Significance and Role of Financial Statements
  1−1 Accounting and Financial Statements
  1−2 The System of Consolidated Financial Statements
 Chapter2 Construction and Interpretation of the Balance Sheet
  2−1 Construction of the Balance Sheet
  2−2 Standards for Classifying Account Entries on Balance Sheet
  2−3 Classification of Balance Sheet Items
 Chapter3 Construction and Interpretation of the Profit and Loss Statement
  3−1 Construction of the Profit and Loss Statement
  3−2 Profit and Loss Statement Characteristics of Different Industries
 Chapter4 Construction and Interpretation of Consolidated Financial Statements
  4−1 Perspective and Interpretation of Consolidated Financial Statements
  4−2 Structure of the Consolidated Financial Statements
 Chapter5 Construction and Interpretation of Cash Flow Statement
  5−1 The Cash Flow Statement

供TECHNIQUES FOR CONDUCTING CORPORATE ANALYSIS
 Chapter6 Purpose and Methodology for Corporate Analysis
  6−1 Purpose and Subject of Corporate Analysis
  6−2 Issues Examined Through Corporate Analysis
  6−3 Methods of Corporate Analysis
  6−4 Comprehensive Evaluation
 Chapter7 Profitability Analysis
  7−1 Significance and System of Profitability Analysis
  7−2 Rate of Return on Capital
  7−3 Profit Margin on Sales
 Chapter8 Stability Analysis
  8−1 Significance and System of Stability Analysis
  8−2 Liquidity Analysis
  8−3 Analysis of Financial Soundness
  8−4 Equity Ratio
 Chapter9 Analysis of Capital Efficiency and Break-even Point Between Profit and Loss
  9−1 Significance and System of Capital Efficiency Analysis
  9−2 Analysis by Break-even Points Between Profit and Loss
 Chapter10 Cash Flow Analysis
  10−1 Cash Flow Analysis
 Chapter11 Growth Analysis
  11−1 Approaches to Growth Analysis
  11−2 Measurements of Growth
 Chapter12 Dividend Policy, Dividend Ratio and Dividend Payout Ratio
  12−1 Explanation of Dividend Ratio and Dividend Payout Ratio
 Chapter13 Comprehensive Evaluation of Analysis Results
  13−1 Combining Results from Analyses


【著者プロフィール】
古賀智敏(こが・ちとし)
同志社大学商学部特別客員教授、神戸大学名誉教授、博士(経営学:神戸大学)
1973年神戸大学大学院経営学研究科(修士課程)修了。1976年イリノイ大学経営大学院修了(MAS取得)。日本知的資産経営学会会長(2011―現在)。国際会計研究学会会長(2011年―現在);日本公認会計士協会学術賞。日本会計研究学会太田・黒澤賞を受賞。


★常備店:あなたの街の近くの本屋さん
 在庫のある可能性がある書店様です、お取寄せにも便利です。
 ⇒ 常備特約店一覧


★こちらからもご購入いただけます!
maruzen-junkudo kinokuniya
amazon rakuten 7net


PAGE TOP



関連書籍