財務会計に関する書籍



財務会計

 title_green

弁護士のための租税法 第3版



村田守弘・加本亘 共著

弁護士のための租税法 第3版
発行年月
2014年1月12日
著者
村田守弘  加本亘   
定価
3,024円(税込)
ISBNコード
ISBN-13: 978-4-8051-1029-4
Cコード
Cコード: C3032
書籍サイズ
A5判 242頁

数量:

  • お友達に知らせる

目次・内容紹介


【目次】
はじめに
第1章 弁護士が税を理解するための出発点
 はじめに
 何の税が問題か?(What?)──税法の全体像を頭に入れる
   ―蠧世亡悗垢訐
  ◆‐暖颪亡悗垢訐
   資産保有に関する税
  ぁ[通に関する税
 どの時点の税金の話か?(When?)──3つの時点のうちどれか

第2章 弁護士が税を検討する際の実用的な視点
 はじめに
 ヒト+モノ+カネ=ビジネスという分析的な視点
  ・法人税
  ・消費税
 企業のグループ内取引の税を考える
  ・グループ内税務コストの節約
  ・グループ法人税制のポイント
 税務当局による否認リスクを考える
  ・海外子会社が関係するグループ内取引の留意点
 法人と株主の「カネ」に関する関係を理解する
  ・法人税理解のキモ──法人と株主との関係
    ポイント1)「損益取引」は課税/「資本等取引」は非課税というルール
    ポイント2)「利益積立金」の機能
    ポイント3)株主レベルの課税
 税理士の「目線」を共有する
  ・その \罵士の「目線」を持つことは弁護士として成功のパスポート
  ・その◆)/誉燃曚了纂亜慇燃曄瓠扮弑癲歛散癲法濱芭─歙燃杞欺』を理解する
  ・その 「課税繰延」を理解する
  ・そのぁ.皀里痢崋萋脆顱廖複贈瓧鵤蕋鵝砲魄媼韻垢
  ・そのァ 峇麌躑皺歙如廚悗龍寡欖兇鮖つ
  ・そのΑ\婆嚇局の更生リスクを意識する
  ・そのА)/裕疾説的な思考方法が必要
  ・その─ヾ覿伐餬廚繁/誉破,箸六て非なる関係である
 法人税の基本は法人税法22条にある
 法人税法22条の読み方

第3章 租税判例の読み方/弁護士の目線

第4章 租税判例の事例
 1 旺文社事件──第三者有利発行増資と22条2項
 2 無利息貸付と22条2項
 3 宅地造成工事費の見積と22条3項
 4 経常的に価格調整を伴う仕入代金と22条3項
 5 興銀事件──貸倒損失と損金算入
 6 ガーンジー島事件
 7 航空機リース事件
 8 映画フィルムリース事件
 9 不動産の売買契約か交換契約か?
 10 仮装取引か否か?

第5章 租税法総論
 1 租税法律主義と租税公平主義
 2 租税回避行為と仮装行為

第6章 法人税法
 法人税法1 納税義務者
 法人税法2 益金
 法人税法3 損金
 法人税法4 一般に公正妥当と認められる会計処理の基準
 法人税法5 受取配当金
 法人税法6 資産の評価益
 法人税法7 資産の評価損
 法人税法8 有価証券の期末評価・譲渡損益
 法人税法9 低額譲渡
 法人税法10 寄附金
 法人税法11 交際費
 法人税法12 役員給与
 法人税法13 引当金
 法人税法14 減価償却
 法人税法15 圧縮記帳
 法人税法16 リース取引
 法人税法17 外貨建取引の為替差益・差損
 法人税法18 デリバティブ取引
 法人税法19 ヘッジ取引
 法人税法20 外国税額控除
 法人税法21 繰越欠損金
 法人税法22 同族会社の留保金課税
 法人税法23 行為計算否認規定

第7章 国際税務等(グループ法人税制、連結納税、組織再編、国際税務)
 グループ法人税制1 完全支配関係
 グループ法人税制2 完全支配関係のある内国法人間の資産の譲渡に係る譲渡損益
 グループ法人税制3 完全支配関係のある内国法人間の寄附金
 グループ法人税制4 完全支配関係のある内国法人間の資本関連取引
 グループ法人税制5 完全支配関係のある内国法人のステータス
 連結納税1 連結納税と連結会計
 連結納税2 連結納税義務者
 連結納税3 連結事業年度
 連結納税4 連結納税における欠損金の取扱い
 組織再編1 組織再編に係る税制
 組織再編2 適格合併
 組織再編3 会社分割の法人税法上の取扱い
 組織再編4 株式交換及び株式移転
 組織再編5 三角合併
 国際税務1 国際税務の問題点
 国際税務2 恒久的施設
 国際税務3 恒久的施設を持たない外国法人の課税関係
 国際税務4 外国子会社配当益金不算入制度
 国際税務5 移転価格税制
 国際税務6 外国子会社合算税制(タックス・ヘイブン対策税制)
 国際税務7 過少資本税制
 国際税務8 過大支払利子税制
 国際税務9 税源浸食と利益移転

第8章 消費税法
 消費税法1 課税対象
 消費税法2 納税義務者
 消費税法3 課税標準
 消費税法4 仕入税額控除

索引


【著者プロフィール】
村田守弘(むらた・もりひろ)
公認会計士・税理士

加本 亘(かもと・わたる)
弁護士・ニューヨーク州弁護士


★常備店:あなたの街の近くの本屋さん
 在庫のある可能性がある書店様です、お取寄せにも便利です。
 ⇒ 常備特約店一覧




★こちらからもご購入いただけます!
maruzen-junkudo kinokuniya amazon rakuten 7net ブックサービス

PAGE TOP



関連書籍