日本政治に関する書籍



日本政治

 title_green

日本国憲法の制定過程

大友一郎 講義録

庄司 克宏 編

 日本国憲法の生き字引が大学生に向けて語った、その成立改定を繙く講義。なぜ日本国憲法は今の形になったのかを知ることで、変えるべきこと変えない方が良いことが見えてくる。

日本国憲法の制定過程
発行年月
2017年9月22日
著者
庄司克宏   
定価
2,700円(税込)
ISBNコード
ISBN-13: 978-4-8051-1020-8
Cコード
Cコード: C3032
書籍サイズ
314頁
  • お友達に知らせる

目次・内容紹介



日本国憲法の制定過程



【目次】
ポツダム宣言と日本国憲法
ポツダム宣言発出の背景
ポツダム宣言の受諾によって生じた状態と法的意義
日本占領の性格
占領管理の開始と憲法改正の指示
幣原内閣における憲法改正作業
極東委員会の設置と総司令部の動向
松本案の拒否と総司令部案起草の決定
総司令部案の起草
日本政府に対する総司令部案の提示
総司令部案に対する日本政府の対応
総司令部案の受け入れの決定とそれに基づく憲法改正案の作成および発表
総選挙と憲法議会における審議
極東委員会による再検討と連合国の承認
日本国憲法の原理と制定過程 ほか


【編者プロフィール】
庄司克宏(しょうじ・かつひろ)
慶應義塾大学法学部教授、専門はEU法、国際機構論
1957年生まれ。1990年慶應義塾大学院法学研究科政治学専攻博士課程単位取得退学。主著に『EU法』(岩波書店)『欧州連合』(岩波新書)などがある。


★常備店:あなたの街の近くの本屋さん
 在庫のある可能性がある書店様です、お取寄せにも便利です。
 ⇒ 常備特約店一覧


★こちらからもご購入いただけます!
maruzen-junkudo kinokuniya
amazon rakuten 7net


PAGE TOP



関連書籍