財務・統計に関する書籍



財務・統計

 title_green

[新装版]マクロ経済分析における貨幣と証券

整合的なマクロ経済モデルの構築

藤原秀夫 著

 本書は、予算制約を制約としてマクロ経済モデルを期末同時均衡モデル、期首モデル、期末不均衡モデルの三つのタイプで整合的に再構築し、証券市場と貨幣「市場」のいずれを取上げて分析しても分析は全く同値であることを証明し、重要な問題はいずれの市場を取り上げて分析するかにあるのではなく、どのような特定化を各市場に行うかにあることを指摘している。

[新装版]マクロ経済分析における貨幣と証券
発行年月
2013年4月18日
著者
藤原秀夫   
定価
4,104円(税込)
ISBNコード
ISBN-13: 978-4-8051-1014-0
Cコード
Cコード: C3033
書籍サイズ
A5判 304頁

数量:

  • お友達に知らせる

目次・内容紹介

藤原秀夫
藤原秀夫


【目次】

第1章 マクロ経済モデルと予算制約式
 第1節 標準IS−LM分析と証券市場
 第2節 修正IS−LMモデルと財政赤字のファイナンス
 第3節 期末同時決定モデルと財政赤字のファイナンス

第2章 予算制約式と「均衡動学」モデル
 第1節 タイム・ラッグと支出の所得からのファイナンス
 第2節 一つの代替的な解釈とモデルの一般化について

第3章 瞬時に調整可能な金融資産市場とマクロ「均衡動学」
 第1節 問題の所在
 第2節 「期首モデル」と予算制約式

第4章 マクロ経済モデルにおける不均衡調整過程

第5章 予想インフレーション率と非裁量的貨幣政策
 第1節 マネタリストの均衡径路と「国債累積問題」
 第2節 体系の安定性と非裁量的貨幣政策の限界

第6章 固定為替相場と証券市場

第7章 変動為替相場とマクロ経済モデル
 第1節 財市場の不均衡と為替相場の変動
 第2節 「期首モデル」と変動相場制

人名索引・事項索引


【著者プロフィール】
藤原秀夫(ふじわら・ひでお)
同志社大学大学院商学研究科教授、博士(経済学)
1948年神戸市生まれ。1971年神戸商科大学(現 兵庫県立大学)卒業。1976年 神戸大学大学院経済学研究科博士課程退学後、同志社大学商学部助手、講師、助教授を経て、1987年同志社大学商学部教授。1989ねにょり現職。専攻は貨幣論、金融論、国際金融論、国際マクロ経済学。2010年5月から日本金融学会会長を務める(〜2014年5月)。


★常備店:あなたの街の近くの本屋さん
 在庫のある可能性がある書店様です、お取寄せにも便利です。
 ⇒ 常備特約店一覧


★こちらからもご購入いただけます!
maruzen-junkudo kinokuniya
amazon rakuten 7net


PAGE TOP



関連書籍