経済学一般に関する書籍



経済学一般

 title_green

国家の行方

全球化する世界と経済システムの再組織化

増田正人 著

 不確実性に覆われ、閉塞する世界。国家が不安定化する中で経済を再び起動するため、個人と企業に出来ることとは何かを提示する。

国家の行方
発行年月
2013年2月26日
著者
増田正人   
定価
3,672円(税込)
ISBNコード
ISBN-13: 978-4-8051-1008-9
Cコード
Cコード: C3033
書籍サイズ
A5判 196頁

数量:

  • お友達に知らせる

目次・内容紹介


【目次】
第1章 民主主義・市場メカニズム国家の行方
 1 ケインズの予言
  ♦ 「孫の世代の経済的可能性」
  ♦ 主要国家の債務格付け
 2 「小さな政府」と「大きな政府」
  ♦ 「小さな政府」と不平等社会
  ♦ 対立軸を示す☓印
 3 共振する全球経済
  ♦ 全球経済と主要国家
  ♦ 全球経済の連動性
 4 市場メカニズムと金融危機
  ♦ 危機の頻発
  ♦ テール・リンクと事前のリスク管理
  ♦ 事前のリスク制御システム
 5 雇用と経済
  ♦ 「ケインズ政策」と失業率
  ♦ 為替政策の意味
  ♦ 雇用とエネルギー・環境政策
 6 「ケインズ政策」の帰結
  ♦ 「ケインズ政策」の効力
  ♦ 本来機能のための歳入
  ♦ 国家機能の弱体化
 7 長寿社会の経済的帰結
  ♦ 高齢化と経済成長率
  ♦ 高齢化と医療支出
  ♦ 医療・社会保障システムの構造
 8 翻弄される全球経済システム
  ♦ 全球経済システムにおける相似形
  ♦ 原油価格の謎
  ♦ 化石燃料価格の荒波
  ♦ 情報通信技術と全球巨大市場
  ♦ 化石燃料の海に浮かぶ船

第2章 独裁主義・開発メカニズム国家の行方
 1 北京コンセンサス
  ♦ 中国高度経済成長の起点
  ♦ 小平の基本路線
  ♦ 国家主導の開発メカニズム
 2 中国の開発メカニズム
  ♦ 中国経済の原動力
  ♦ 地方政府の不動産開発
  ♦ 潜在インフレ圧力と資産バブル
  ♦ 実質国家債務残高の現状
  ♦ 実質国家債務残高の行方
 3 構造的に搾取される中国民衆
  ♦ 労働分配率の低下
  ♦ 過剰蓄財を強いられた民衆
 4 中国共産党の命運を決定づける全要素生産性
  ♦ 資本増加率
  ♦ 「労働力資源」の減少
  ♦ 全要素生産性の動向
 5 経済成長率を凌駕する中国の経済損失率
  ♦ 外部不経済考慮後の純経済成長率
  ♦ 環境パフォーマンス指数
  ♦ ウェッブ上の民衆の圧力
  ♦ 独裁主義的な解決方法
  ♦ 中国に対する世界的な圧力
  ♦ 新たな構造改革メカニズムの創設
  ♦ 中国共産党政権が直面する試練

第3章 危機を頻発する全球システム
 1 ソブリン債務危機と地方「国家」
  ♦ EUソブリン債務危機
  ♦ クレジット・デフォルト・スワップ
  ♦ 全球市場と民主主義システムの緊張
 2 全球市場を覆うモラルの危機
  ♦ 全球市場が依拠する不確かな認知
  ♦ リーマン・ショックの根源的原因
  ♦ 市場参加者の行動パターン
  ♦ システミック・リスクと全球政府機能
  ♦ 米国とEUの金融改革の行方
  ♦ シャドー・バンキングの拡大
 3 現代民主主義と日本の危機
  ♦ 経済システムと政治システムの関係
  ♦ 政治硬直化と経済衰退の長期トレンド
  ♦ 好都合の先行例
 4 現代の民主主義哲学の限界
  ♦ 「米国の最も偉大な政治哲学者」
  ♦ ロールズの原則
  ♦ 現代の民主主義・市場メカニズム国家の課題
 5 全球危機に関する現代の課題
  ♦ 多国家間アプローチの破綻
  ♦ 強靭なリスク・マネージメントの必要性
  ♦ 全球経済を覆う不確実性
  ♦ 解決が待たれる現代の課題

第4章 国家システムおよび全球経済システムの再組織化
 1 共同体のパフォーマンス
  ♦ 契約にもとづく最小の共同体
  ♦ 破綻国家と失敗国家
 2 パフォーマンスの星座
  ♦ パフォーマンスの時系列的変化
  ♦ スウェーデンの秘密
  ♦ 共同体の理論
 3 国家システムの再組織化
  ♦ 国家機能の延命措置
  ♦ 国家システムの解体
  ♦ 国家システム再組織化の含意
 4 世代を超える経済公正性
  ♦ 持続可能な経済発展と創造的破壊
  ♦ 経済的資源の組織化
  ♦ 時間軸の想定
  ♦ 価値判断と持続可能な経済発展
  ♦ 経済憲章の制定
  ♦ 経済的資源をめぐる公正性
 5 全球経済システムのための主体と方法
  ♦ 非政府組織(NGO)と多国家間アプローチ
  ♦ G20と国際通貨基金(IMF)
  ♦ 全球政策NGOによる監視と批判
  ♦ 航空と船舶についてのIMFのアドヴァイス
  ♦ トップ・ダウンによる全球システムの形成
  ♦ 都市人口の膨張
  ♦ ボトム・アップによる全球システムの生成
  ♦ カーボン・ディスクロージャー・プロジェクト(CDP)
  ♦ 自主標準・公的標準・全球標準
  ♦ 製品カーボン・フットプリント
  ♦ 《お一人様カーボン・フットプリント・見える化キャンペーン》
  ♦ カーボン・フットプリント・クレジットの提案
 6 持続可能な全球経済システムを求めて
  ♦ エコロジカル・フットプリント
  ♦ 革新普及を妨げる淵とクレジット
  ♦ 1人あたりのカーボン・フットプリント排出基準
  ♦ 全球排出量の3つの軌道曲線
  ♦ 持続可能な全球経済システム


【著者プロフィール】
増田正人(ますだ・まさと)
有限会社エムフォーユー代表取締役
1960年神奈川県生まれ。1983年一橋大学経済学部卒業後、日本興業銀行(現みずほコーポレート銀行)を経て、炭素削減プロジェクトの開発に尽力すると共に東京大学大学院(新領域創成科学研究科・国際環境協力学)の講師を務める。三菱商事株式会社のイノベーション事業・排出権事業顧問として招かれ、日本・EU・米国・中国アジアをはじめ世界各地の低炭素事業への助言を行った。主著に『チャイナ・リスク』(NTT出版)『排出権取引と低炭素社会』(千倉書房)等。


★常備店:あなたの街の近くの本屋さん
 在庫のある可能性がある書店様です、お取寄せにも便利です。
 ⇒ 常備特約店一覧


★こちらからもご購入いただけます!
maruzen-junkudo kinokuniya
amazon rakuten 7net


PAGE TOP



関連書籍