消費者行動に関する書籍



消費者行動

 title_green

消費者行動の多国間分析

原産国イメージとブランド戦略

朴正洙 著

 グローバル化が進むことによって、消費者行動の多国間分析の重要性が求められている。本書ではそうした問題意識の下、豊富な実証データを基に原産国イメージという理論で消費者行動をコミュニケーションの観点から捉え直すことを試みた。特に、反日感情と消費者エスノセントリズムなど、今日のわが国企業の課題と解決策提示する。

消費者行動の多国間分析
発行年月
2012年9月10日
著者
朴正洙   
定価
3,456円(税込)
ISBNコード
ISBN-13: 978-4-8051-1002-7
Cコード
Cコード: C3063
書籍サイズ
A5判 270頁

数量:

  • お友達に知らせる

目次・内容紹介

朴正洙
朴正洙


【目次】
目次
はしがき
 序章 多国間消費者行動研究の必然性
  1 先行研究と研究課題
  2 原産国イメージ効果研究の必要性
   2.1 日・米消費者における原産国イメージに対する意識の違い
   2.2 原産国イメージ効果研究の必要性

第吃堯’知的原産国イメージ
 第1章 認知的原産国イメージ効果研究
  1 原産国イメージ効果
  2 原産国イメージ効果研究の発祥
   2.1 初期の原産国イメージ効果研究
   2.2 初期研究の成果
  3 原産国イメージ効果の精緻化と国際化
   3.1 原産国イメージ効果の精緻化
   3.2 グローバル化による国際比較研究
  4 原産国の複雑化とグローバル・ブランドの台頭
   4.1 先行研究
   4.2 調査内容の考察
   4.3 企業戦略の実態
   4.4 日本の製造業における東アジア現地法人の現地調達先の割合
   4.5 結果と今後の研究課題
  5 ブランドにおける原産国イメージ効果
   5.1 低開発国の危険性低下とグローバル・ブランドの成長
   5.2 ブランド・オリジンの概念と展開
   5.3 グローバル・ブランド名の効果
   5.4 ブランド連想における原産国イメージ
  6 まとめ
 第2章 原産国イメージ効果の新展開
     −ブランドを中心とした原産国イメージ効果−
  1 原産国イメージ効果における「ブランド」
  2 先行研究と仮説導出
   2.1 先行研究
   2.2 仮説導出
  3 実証研究
   3.1 調査概要
   3.2 実験計画
   3.3 分析
  4 検証結果
  5 まとめ

第局堯ゝ範的原産国イメージ
 第3章 消費者エスノセントリズム研究の理論
  1 規範的原産国イメージ効果
  2 消費者エスノセントリズム研究
   2.1 消費者エスノセントリズム研究の背景
   2.2 エスノセントリズムに関する理論的考察
  3 消費者エスノセントリズムの研究効果
   3.1 初期の消費者エスノセントリズム研究
   3.2 研究の多様化
   3.3 グローバル化と精緻化
  4 先行研究の考察
   4.1 消費者エスノセントリズム研究の成果
   4.2 消費者エスノセントリズム研究の課題
  5 まとめ
 第4章 消費者エスノセントリズム研究の比較分析
     −アメリカ・中国・韓国・台湾−
  1 消費者エスノセントリズムの課題
  2 消費者エスノセントリズムの主要な先行要因
   2.1 消費者エスノセントリズムの先行要因
   2.2 調査対象国(アメリカ・中国・韓国・台湾)
  3 仮説設定
   3.1 地理的要因
   3.2 人口統計的要因
   3.3 マクロ経済要因と国際比較
  4 実証研究
   4.1 地理的要因
   4.2 人口統計的要因
   4.3 マクロ経済要因と国際比較
   4.4 検証結果
  5 まとめ

第敬堯ヾ蕎霤原産国イメージ
 第5部 敵対心研究の影響と課題
  1 感情的原産国イメージ効果
  2 敵対心(Animosity)の先行研究
   2.1 戦争を要因とした敵対心
   2.2 経済を要因とした敵対心
   2.3 その他を要因とした敵対心
   2.4 先行研究の考察
  3 反日感情の先行要因
   3.1 仮説の設定
   3.2 モデルの検証
  4 調査結果
  5 まとめ
 第6章 パラドックス連想におけるコミュニケーション戦略
  1 アジアにおけるコミュニケーション戦略の必要性
  2 中国におけるグローバル企業のトラブル
   2.1 ネットを中心としたグローバル企業のトラブル
   2.2 トヨタの広告問題
   2.3 中国の新しい民族主義の台頭
   2.4 中国のインターネット利用状況
   2.5 中国の伝統メディアの状況
   2.6 日本製品に対する高い評価
  3 仮説設定
  4 実証研究
   4.1 調査結果
   4.2 測定尺度
   4.3 分析1(日本ブランド1)
   4.4 分析2(日本ブランド2)
   4.5 検証結果
  5 まとめ

第孤堯仝胸差颯ぅ瓠璽犬亡陲鼎い織屮薀鵐廟鑪
 第7章 ブランド・レバレッジ戦略
  1 二次的ブランド連想の活用
  2 ブランド・レバレッジ戦略
   2.1 ブランド・レバレッジ戦略の必要性
   2.2 ブランド連想の活用
  3 ブランド・レバレッジ戦略に関する実証研究
   3.1 先行研究と仮説導出
   3.2 実証研究
   3.3 検証結果
  4 まとめ
 終章 本書の意義と今後の研究課題
  1 原産国イメージ効果研究の体系化と新たな方向性
  2 本書の意義
  3 今後の研究課題


★常備店:あなたの街の近くの本屋さん
 在庫のある可能性がある書店様です、お取寄せにも便利です。
 ⇒ 常備特約店一覧


★こちらからもご購入いただけます!
maruzen-junkudo kinokuniya
amazon rakuten 7net


PAGE TOP



関連書籍