日本政治に関する書籍



日本政治

 title_green

消費税国会の攻防 一九八七−八八

平野貞夫 衆議院事務局日記

平野貞夫 著・赤坂幸一・奈良岡聰智 校訂

 今明かされる消費税3%導入の裏舞台。

消費税国会の攻防 一九八七−八八
発行年月
2012年5月28日
著者
平野貞夫  赤坂幸一  奈良岡聰智   
定価
4,104円(税込)
ISBNコード
ISBN-13: 978-4-8051-0994-6
Cコード
Cコード: C3031
書籍サイズ
四六判 524頁

数量:

  • お友達に知らせる

目次・内容紹介


【目次】
  解題 消費税制度成立の舞台裏と「平野貞夫日記」
  赤坂幸一
  奈良岡聰智

  一 はじめに
  二 平野氏の略歴と時代背景
  三 本書成立の経緯
  四 消費税制度成立の研究史と「平野日記」
  五 中曽根内閣と「売上税国会」
     売上税導入問題の浮上
     難航する予算委員会審議
     議長斡旋に至る過程
  六 竹下内閣と「消費税国会」
     消費税導入への地ならし
     リクルート事件の勃発
     消費税制度の成立
  七 おわりに

    凡例

第一章 売上税国会における挫折(一九八七年一−五月)
第二章 マル優廃止をはじめとする税制改革の現実(一九八七年六−九月)
第三章 中曽根内閣から竹下内閣へ(一九八七年九−一二月)
第四章 消費税導入に向けた準備(一九八八年一−七月)
第五章 消費税国会の実態(一九八八年七−一二月)

主要人名索引


【著者プロフィール】
平野貞夫(ひらの・さだお)
「日本一新の会」代表、元参議院議員
1935年、高知県生まれ。法政大学大学院政治学修士課程終了。衆議院事務局に入り、副議長(園田直)秘書、議長秘書(前尾繁三)秘書などを経て、委員部長となる。1992年、参議院高知地方区で当選し、小沢一郎と行動を共にする。2004年、参議院議員を引退。以降、政治評論・執筆活動の傍らで、日本一新運動を進める。


★常備店:あなたの街の近くの本屋さん
 在庫のある可能性がある書店様です、お取寄せにも便利です。
 ⇒ 常備特約店一覧




★こちらからもご購入いただけます!
maruzen-junkudo kinokuniya amazon rakuten 7net ブックサービス

PAGE TOP



関連書籍