保険に関する書籍



保険

 title_green

保険の独立性と資本市場との融合



久保英也 著

 資本市場が保険リスクを引受ける事象が増えている。保険は今後も独立性を維持するのか、資本市場と融合するのかを計量分析を基礎に多面的に考察した書。保険リスクと資本市場リスクとの交換メカニズムを明確にし、リスクとリスク対価が一時点で対応する事象は資本市場へ、対応しない事象は保険市場への移転が効率的と結論。

保険の独立性と資本市場との融合
発行年月
2009年10月 1日
著者
久保英也   
定価
4,104円(税込)
ISBNコード
ISBN-13: 978-4-8051-0934-2
Cコード
Cコード: C3033
書籍サイズ
A5判 280頁

数量:

  • お友達に知らせる

目次・内容紹介

久保英也
久保英也

目次
はしがき
第1章 日本の保険業の規制緩和
第2章 生命保険業の効率性評価
第3章 損害保険業の効率性評価
第4章 日本の生損保兼営グループの効率性評価
第5章 保険市場の国際的連動と健全性マネジメント
第6章 ARTに見る保険市場と資本市場の融合
第7章 サブプライム問題顕在化のART市場
第8章 生命保険買取市場に見る保険と資本市場との融合
第9章 環境保険と資本市場
第10章 長期の信用リスク評価
第11章 長期キャッシュフロー予測モデルの提案
第12章 信用リスクスプレッド評価モデルの提案
主要参考文献
索引

PAGE TOP



関連書籍