近代史に関する書籍



近代史

 title_green

「南進」の系譜

日本の南洋史観

矢野暢 著

 明治・大正・昭和、各時期における日本の南洋政策、あるいは南洋理解の実相を明らかにすると共に、その帰結としての太平洋戦争と、日本の戦後復帰にまで射程を伸ばしつつ、近代日本にとって南洋、引いては海外殖民地とは何だったのかを問いかける。日本の南方関与研究の先駆的業績。解題、清水元。

「南進」の系譜
発行年月
2009年5月30日
著者
矢野暢   
定価
5,400円(税込)
ISBNコード
ISBN-13: 978-4-8051-0926-7
Cコード
Cコード: C1021
書籍サイズ
A5判 388頁

数量:

  • お友達に知らせる

目次・内容紹介

目次
第一部 「南進」の系譜
 機‘酳関与のはじまり
 供 崙鄂箆澄廚侶鷲
 掘〃从竸塀个離僖拭璽
 検〆瀘泳人の生態
 后 崑臈谿ゞΡ彪」の虚妄性
 此\鏝綟本の東南アジア進出
第二部  日本の南洋史観
 機ー型佑痢崙鄂箆澄彈
 供〔声4「南進論」の性格
 掘‖臉鬼「南進論」の特質
 検 峙鯏澄彁彖曚隆霹廖歛耋僂汎醉侶嘉
 后 崙鄂箆澄廚判醋韻隆悗錣
 此‐赦卒における「南進論」の展開

PAGE TOP



関連書籍