近代史に関する書籍



近代史

 title_green

「死の跳躍」を越えて

西洋の衝撃と日本

佐藤誠三郎 著

 太平の世を打ち破った「西洋の衝撃」を日本は如何に受け止め、どのように近代化へ道のりを歩み始めたのか。日本の対外意識、朝鮮との比較、幕末の政治的対立の特質、などの切り口から描きだす。一九九六年に発表された「丸山眞男論」を初収録。序文、北岡伸一。解題、御厨貴。

「死の跳躍」を越えて
発行年月
2009年5月30日
著者
佐藤誠三郎   
定価
5,400円(税込)
ISBNコード
ISBN-13: 978-4-8051-0925-0
Cコード
Cコード: C1021
書籍サイズ
A5判 368頁

数量:

  • お友達に知らせる

目次・内容紹介

目次
新版の刊行にあたって 北岡伸一
第一部 西洋文明の衝撃
 第一章 幕末・明治初期における対外意識の諸類型
 第二章 近代化への分岐−李朝朝鮮と徳川日本
 第三章 幕末における政治的対立の特質
第二部 危機のリーダーシップ
 第四章 川路聖謨
 第五章 大久保利通
 第六章 岩倉具視
第三部 近代化日本の国際関係
 第七章 協調と自立の間
 第八章 日米関係・その三〇年代と七〇年代
丸山眞男論
新版への解題 御厨貴

PAGE TOP



関連書籍