企業経営に関する書籍



企業経営

 title_green

現代企業の新地平

企業と社会の相利共生を求めて

片岡信之・海道ノブチカ 編著

 新自由主義に基づくアメリカ型株主価値第一主義企業観から敷衍されるコーポレート・ガバナンス、企業目的論を批判的に検討する。そのうえで、ヨーロッパに学び、対照的なステイクホルダー型企業観の視点から企業不祥事、企業の社会的責任、企業倫理、地球環境問題、地域社会、非営利組織、経営哲学を論じる。

現代企業の新地平
発行年月
2008年8月22日
著者
片岡信之  海道ノブチカ   
定価
3,024円(税込)
ISBNコード
ISBN-13: 978-4-8051-0909-0
Cコード
Cコード: C3034
書籍サイズ
A5判 218頁

数量:

  • お友達に知らせる

目次・内容紹介

片岡信之/海道ノブチカ 片岡信之/海道ノブチカ
片岡信之/海道ノブチカ

目次
はしがき−(片岡信之)(海道ノブチカ)
第吃堯.▲瓮螢型企業モデルの再検討
 第1章 株主主権的企業観の問題性−片岡信之
      −経営学の新たな課題−
 第2章 会社は株主のものか−勝部伸夫
      −株主主権論の主張と問題−
 第3章 アメリカ型ガバナンス論の理論的限界−坂本雅則
      −「構造的支配」概念の視免から−
第局堯.茵璽蹈奪儼心覿肇皀妊襪陵論と実際
 第4章 EUの統合深化とヨーロッパ会社(SE)−海道ノブチカ
      −利害多元的ヨーロッパ・モデルの進展−
 第5章 現代企業社会の特質と管理活動−渡辺敏雄
      −ハンス・ウルリッヒの見解を中心に−
 第6章 企業発展と持続可能性−山縣正幸
      −ドイツ企業におけるCSRの規範的マネジメントへの包摂−
 第7章 「経営者の社会的責任」論批判と企業倫理論の構想−高見直樹
      −シュタインマンの見解について−
第敬堯仝渋經覿箸鬚箸蠅泙諸課題
 第8章 現代企業とステイクホルダー・マネジメント−宮坂純一
      −何故に企業不祥事は絶えないのか?−
 第9章 現代企業の倫理と風土−田中照純
 第10章 地球環境問題と現代企業の社会的責任−高橋由明
 第11章 非営利組織の現代的意義と企業へのインパクト−島田恒
 第12章 企業と地域社会−守屋貴司
       −21世紀の企業の役割と課題−
 第13章 現代企業の経営哲学−小笠原英司

PAGE TOP



関連書籍