経済学一般に関する書籍



経済学一般

 title_green

排出権取引と低炭素社会

国際排出権市場取引と理論と実践

増田正人 著

本書は、現代の社会人にとって必須科目になりつつある温室効果ガスの排出権取引(排出量取引)を詳説したものです。 すでにEU諸国とノルウェーなど欧州30カ国はすでに排出権取引を実施しており、米国、カナダ、オーストラリア、ニュージーランドでも国レベルもしくは州レベルで排出権取引が導入される予定になっています。

排出権取引と低炭素社会
発行年月
2008年7月 8日
著者
増田正人   
定価
4,104円(税込)
ISBNコード
ISBN-13: 978-4-8051-0905-2
Cコード
Cコード: C3033
書籍サイズ
A5判 224頁
  • お友達に知らせる

目次・内容紹介

主要目次
第1部 基礎編
 国連気候変動枠組条約と京都議定書
 気候変動に関する政府間パネル
 京都メカニズム
 クリーン開発メカニズム(CDM)
 ベースラインと追加性
 共同実施(JI)
 排出量取引(ET)
 京都議定書の定める登録簿
 日本の京都議定書目標達成計画
第2部 実践−開発編
 クレジットの開発市場と流通市場
 プロジェクト開発のリスク
 リスクの定量分析
 環境十全性
 投資分析
 追加性
 排出権の会計上の扱い
第3部 実践−流通編
 京都市場
 排出権市場価格
 低炭素社会の展望
著者略歴

PAGE TOP



関連書籍