経済学一般に関する書籍



経済学一般

 title_green

いのちの経済学



田村祐一郎 著

 本書は「保険とは何か」という筆者の永遠のテーマを独特の視点から読み解いたものであり、「いのちに値段はない」、にもかかわらず人が死ぬと保険金が支払われるのはなぜか、その金はいのちの代償であろうか、という問題意識から発せられており、保険が死の経済現象である一面を歴史・法律・事件・文化・宗教など多面的にわたって解き明かしていきます。

いのちの経済学
発行年月
2008年4月20日
著者
田村祐一郎   
定価
2,592円(税込)
ISBNコード
ISBN-13: 978-4-8051-0901-4
Cコード
Cコード: C3033
書籍サイズ
四六判 292頁

数量:

  • お友達に知らせる

目次・内容紹介

田村祐一郎
田村祐一郎

目次
プロローグ
第1章 生命保険の歴史と仕組み
第2章 生命と金銭をめぐる諸相
第3章 いのちの相場
第4章 いのちの償い
第5章 生命保険と死の文化
第6章 死を賭ける
エピローグ

PAGE TOP



関連書籍