文化史に関する書籍



文化史

 title_green

旅の博物誌



樺山 紘一 著

十五世紀から十六世紀にかけて、船乗り、商人、宣教師、探検家たちが、いっせいに世界の海へむかった。未知へと旅した人びとは、どんな体験をとおして、なにを観察したのか。「旅の博物誌」という名のもとに追尾してみた。獲得された知は、その時代にゆるされた最高度の方式によって、伝達・発信される。

旅の博物誌
発行年月
2007年11月 6日
著者
樺山紘一   
定価
2,052円(税込)
ISBNコード
ISBN-13: 978-4-8051-0890-1
Cコード
Cコード: C1020
書籍サイズ
四六判 280頁

数量:

  • お友達に知らせる

目次・内容紹介


【目次】
まえがき
機“(アルテ)への旅
 1.美への旅
 2.ルネサンスとしての20世紀
供[垢稜酳誌
 1.旅の博物誌
 2.旅の世界史
 3.異文化への視野
掘^刷文化への旅
 1.東の技芸、西の技芸
 2.15世紀の文化革新が物語ること
 3.ルネサンス時代におけるヘブライ語印刷の誕生
 4.スタンホープ、ふたつの革命の体現
 5.本木昌造の世界史
あとがき


【著者プロフィール】
樺山紘一(かばやま こういち)
東京大学名誉教授。東京大学教授・国立西洋美術館長等を歴任。
専門分野は西洋中世史、西洋文化史。紫綬褒章受章。
現在、印刷博物館館長


★常備店:あなたの街の近くの本屋さん
 在庫のある可能性がある書店様です、お取寄せにも便利です。
 ⇒ 常備特約店一覧


★こちらからもご購入いただけます!
maruzen-junkudo kinokuniya
amazon rakuten 7net


PAGE TOP



関連書籍