経営学一般に関する書籍



経営学一般

 title_green

米国シガレット産業の覇者

R・J・レイノルズ社とフィリップ・モリス社の攻防

山口一臣・宇田理 著

 本書の課題は、米国シガレット産業90年の歴史を、第1期(1911−1957年:アメリカン・タバコ社時代)、第2期(1958−1982年:R・J・レイノルズ社時代)、第3期(1983年−現在:フィリップ・モリス社時代)に分け、禁煙運動の激化に適応した戦略の展開が企業の盛衰を左右するという実態を解明することにある。

米国シガレット産業の覇者
発行年月
2006年4月20日
著者
山口一臣  宇田理   
定価
3,888円(税込)
ISBNコード
ISBN-13: 978-4-8051-0862-8
ISBN-10: 4-8051-0862-2
Cコード
Cコード: C3034
書籍サイズ
A5判 368頁

数量:

  • お友達に知らせる

目次・内容紹介

山口一臣/宇田理 山口一臣/宇田理
山口一臣/宇田理

目次
序章 研究対象と課題
第1章 アメリカン・タバコ社の発展と衰退(1890−1950年代)
第2章 R・J・レイノルズ社:「キャメル革命」と
     米国シガレット産業トップ企業への軌跡(1875−1963年)
第3章 R・J・レイノルズ社の衰退(1970−1980年代)
第4章 フィリップ・モリス社:「マールボロ」のブランド戦略と
     事業の拡大(創業-1970年代)
第5章 R・J・レイノルズ社とフィリップ・モリス社の攻防(1980年代-現在)
終章 総括と展望
参考文献
初出一覧
あとがき

PAGE TOP



関連書籍