経済学一般に関する書籍



経済学一般

 title_green

覇権国アメリカの対日経済政策



佐瀬隆夫 著

 第二次大戦後60年、覇権国アメリカの対日経済政策を為替政策・通商政策を中心にたどる。米ソ冷戦下アメリカの対日政策は寛容であり、わが国は1968年世界第2の経済大国となった。冷戦終結後、アメリカは唯一の超大国であるが財政収支赤字・経常収支赤字を擁し、対日経済政策は極めて厳しいものとなり構造改革を迫っている。

覇権国アメリカの対日経済政策
発行年月
2005年12月24日
著者
佐瀬隆夫   
定価
2,808円(税込)
ISBNコード
ISBN-13: 978-4-8051-0854-3
ISBN-10: 4-8051-0854-1
Cコード
Cコード: C3033
書籍サイズ
A5判 312頁

数量:

  • お友達に知らせる

目次・内容紹介

佐瀬隆夫
佐瀬隆夫

目次
はじめに
序章
第吃堯.▲瓮螢占領下の対日政策:1945−1952年
 1 アメリカ占領下の初期対日政策
 2 対日経済復興政策への転換
 3 日米貿易関係
第局堯‘米経済関係:1953−2005年
      アメリカの対日経済政策:1953−2005年
 1 アイゼンハワー政権:1953−1960年
 2 ケネディ・ジョンソン政権:1961−1968年
 3 ニクソン・フォード政権:1969−1976年
 4 カーター政権:1977−1980年
 5 レーガン政権1981−1988年
 6 ブッシュ・シニア政権:1989−1992年
 7 クリントン政権:1993−2000年
 8 ブッシュ・ジュニア政権:2001−
【付録】なれ合いの規制から競争的市場へ

PAGE TOP



関連書籍