保険に関する書籍



保険

 title_green

保険思想と経営理念



小林惟司 著

 『保険思想と経営理念』保険は人類の探し求めた英知である。日本に保険を紹介した福澤諭吉は、保険の倫理的価値を説いて、保険が人の品性を向上させるという信念をもって加入をすすめた。  今日多発する保険犯罪はなぜおこるのか、その根本原因につき、未刊史料の分析を通じて日本の保険文化を追求し、同時に経営理念が、独自の保険企業文化をつくる姿を画き出す。

保険思想と経営理念
発行年月
2005年3月10日
著者
小林惟司   
定価
3,024円(税込)
ISBNコード
ISBN-13: 978-4-8051-0841-3
ISBN-10: 4-8051-0841-X
Cコード
Cコード: C3033
書籍サイズ
A5判 286頁

数量:

  • お友達に知らせる

目次・内容紹介

小林惟司
小林惟司

目次
はしがき
1 福沢諭吉と宇都宮三郎
2 福沢諭吉と『帳合之法』
3 明治初期の類似保険と保険思想
4 友子同盟と保険思想
  ─神岡鉱山茂住・長棟地区の友子の考察─
5 沖縄の模合と保険思想
  ―読谷村波平の場合―
6 経営理念と保険思想
  ―阿部泰蔵と矢野恒太―
7 保険思想史と経営理念
8 保険企業文化と経営理念
9 経営理念の歴史的考察

PAGE TOP



関連書籍