経済学一般に関する書籍



経済学一般

 title_green

交通経済論の展開



衛藤卓也 著

 交通経済論の学問体系は、交通の「事実」を解明することと、交通の「あり方」を解明することの2つの領域から成り立つ。本書は、これら2つの学問領域について基本的な考察を加え、交通経済論の体系化を図ったもので、交通に関する「知」のファンダメンタルズ(基本原理)を提示することを意図したものである。

交通経済論の展開
発行年月
2003年9月20日
著者
衛藤卓也   
定価
3,240円(税込)
ISBNコード
ISBN-13: 978-4-8051-0827-7
ISBN-10: 4-8051-0827-4
Cコード
Cコード: C3033
書籍サイズ
A5判 280頁
  • お友達に知らせる

目次・内容紹介

衛藤卓也
衛藤卓也

目次
はしがき
第1部 交通経済論とは何か
 第1章 交通経済論の対象と目的・方法
第2部 交通の「しくみ」の分析
 第2章 交通サービスの生産
 第3章 交通サービスの市場と規制
 第4章 交通の規制緩和の経験とそのインパクト
 第5章 交通サービス供給システムとその問題性
 第6章 交通政策論のフレームワーク
 第7章 政策主体・政策目標・政策手段
あとがき
索引

PAGE TOP



関連書籍