流通に関する書籍



流通

 title_green

日本物流業のグローバル競争



宮下國生 著

 ロジスティクスへの取り組みの相違が、企業のビジネスモデルの差別化を促す時代が到来している。本書はグローバル化・情報化・規制緩和を背景にして、製造業・流通業のロジスティクス行動が次第にSCMへと移るプロセスにおいて、日本物流業が築いてきたグローバル競争優位性を、地域別に国際比較検証して、その将来を展望している。

日本物流業のグローバル競争
発行年月
2002年4月20日
著者
宮下國生   
定価
4,104円(税込)
ISBNコード
ISBN-13: 978-4-8051-0805-5
ISBN-10: 4-8051-0805-3
Cコード
Cコード: C3063
書籍サイズ
A5判 338頁

数量:

  • お友達に知らせる

目次・内容紹介

宮下國生
宮下國生

目次
第1章 ロジスティクス革新と国際物流業
第2章 国際経営のロジスティクス展開の基本問題
第3章 わが国海外現地製造業の国際ロジスティクス機能評価
第4章 日本企業のロジスティクス戦略拠点のグローバル性
第5章 SCM対応への道
第6章 アジア・太平洋物流市場における政策と戦略の総合評価
第7章 グローバル・ロジスティクスと戦略的連携
第8章 物流革新時代における海運と空運のインターラクション
第9章 港湾ロジスティクスの基礎構造
引用文献
索引

PAGE TOP



関連書籍